上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のうちにアップしようと思ったのですが、家に帰ったらあっという間に寝てました。
共同ブログの方にも書いているので、僕個人のブログには違うことを書こうと思います。

フォーラム会場:小川町立図書館
IMG_7705_convert_20081026000812.jpg

園主の事例発表
IMG_7726_convert_20081027053547.jpg

パネルディスカッションの様子
IMG_7736_convert_20081027053939.jpg

かぶ菜の調整、袋詰め (淡い紫色がとてもきれいな、あやめ雪という小かぶの品種です。)
027_convert_20081026190049.jpg

「有機農業をはじめよう!」と題して、行われた「有機農業フォーラム in 小川町」の二日目。午前に久野農園の圃場見学会があるということで、それまでの時間にある程度出荷を進めていました。
そしていよいよご来場。肝心の写真は、すっかり撮り忘れてました。
A班、B班に分かれて来場されました。40人?×2回でしょうか。大勢の方が来られて、にぎやかになりとても嬉しかったです。

たくさんの方に来ていただき、色々な方とお話しすることができました。話しながら思ったことは、つい2ヶ月前の8月末までは僕も研修先を必死に探していた時でして、農場見学をさせていただいて「聞くほうの側」でした。農業に飛び込むのは、なかなか勇気のいることですよね。

でもそれは何の仕事でも同じことで、興味があることにトライしてみるためには、情報を徹底的に集めることが大切だなと思って、ホームページや雑誌、新・農業人フェアなどに参加して、僕の場合は日本各地5箇所ぐらいの農場を見学しに行きました。その中で、久野農園を選びました。

色々な農場を実際に見学してみて、それぞれ農場には「個性」があるという点が良く分かり、「自分のやりたいカタチをはっきりさせること」、「独立してからどういう農場にしていきたいのか(やりたいカタチ)考え、研修中にその部分をしっかりと学べる場所」をテーマに、僕は研修先を探していました。
「夢のカタチを、より明確にすること」で、大きな一歩を踏み出せると思います

見学会や講演会終了後に、何名かの方とお話しして、迷ったらまず体験してみる、挑戦してみること、トビラを開けることが大切だなと思います。
講演会で高橋さんの言葉を使わせていただくならば「蒔かない種は、芽が出ない」。その通りだと思います。いい言葉を聞きました。ありがとうございました。

図書館の閉館時間の都合もあり、もっといろいろな方とお話しできれば「新規就農に向けて心強い仲間に出会うことがもっとできたのになぁ」と思っています。
このブログの右側の上のほうに「メールフォーム」がありますので、質問や疑問、感想や相談など、何でもよろしいのでお送りください。
昨日の出演者(生産者の方や、農業大学校の里見さん、全国農業会議所の中園さん)とは違う「実際の研修生のスタンス」でお答えできることがたくさんあると思います。

お気軽にどうぞ(^^)!!


来月の16日(日)、面白い催しものが行われます。

国際有機農業映画祭2008です。

会場 は、国立オリンピック記念青少年総合センターセンター棟です。
会場場所はコチラ


開催時間 は、9:00から~21:00まで。とてもなが~いタイムスケジュールでして、僕は昨年初めて行ったのですが、全部見るにはなかなかの「体力的タフさ」が必要です。
しかし、とても興味深く見られるもの作品ばかりで、しかもなかなか見られる機会が少ない作品ばかりで、これだけの作品数を一度に、しかも2000円で見られるこの映画祭は絶対お得です!


今年の上映作品は、

『地球で生きるために ― 福岡正信インドへ行く』 (1997年/日本/59分)
『フランドン農学校の尾崎さん』 (2006年/日本/73分)
『バイオ燃料 <畑でつくるエネルギー>』 (2007年/日本/31分)
『遺伝子組み換えNON! ~フランスからのメッセージ~[農民編]』
(2004年/フランス/28分)
『赤貧洗うがごとき』 (2006年/日本/98分)
『アジアの行動するコミュニティ』 (2008年/日本・ネパール/20分)
『ヒト・ウシ・地球 - バイオダイナミック農法の世界 -』 (2006年/ニュージーランド/58分)
『この大地に生きている -三里塚東峰地区の人々-』 (2003年/日本/38分)
『オリーブの木がある限り』 (2007年/フランス/ 24分)
『健康な土 ― 過剰施肥のもたらすもの ―』 (2001年/韓国/46分)
『土の世界から』 (1992年/日本/32分)
『いのち耕す人々』 (2006年/日本/100分)


チケットは、会場のキャパシティの都合で、事前のお申し込みによる前売りのみだそうです。
(当日券は無いそうです。)
もし行ってみたいなぁという方がいましたら、
10月20日まで
にFAX(046-276-1064)、またはEメール(E-mail:info@yuki-eiga.com)のいずれかで申し込みできます。
締め切り明日ですね、、、。
もっと早くブログに書くべきでした。
日にちを過ぎても、対応していただけるかもしれません(^^)。

僕ら研修生3人は、園主にお願いしまして、揃って参加させていただけることになりました。

国際有機農業映画祭2008公式ホームページはコチラ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。