上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来月の16日(日)、面白い催しものが行われます。

国際有機農業映画祭2008です。

会場 は、国立オリンピック記念青少年総合センターセンター棟です。
会場場所はコチラ


開催時間 は、9:00から~21:00まで。とてもなが~いタイムスケジュールでして、僕は昨年初めて行ったのですが、全部見るにはなかなかの「体力的タフさ」が必要です。
しかし、とても興味深く見られるもの作品ばかりで、しかもなかなか見られる機会が少ない作品ばかりで、これだけの作品数を一度に、しかも2000円で見られるこの映画祭は絶対お得です!


今年の上映作品は、

『地球で生きるために ― 福岡正信インドへ行く』 (1997年/日本/59分)
『フランドン農学校の尾崎さん』 (2006年/日本/73分)
『バイオ燃料 <畑でつくるエネルギー>』 (2007年/日本/31分)
『遺伝子組み換えNON! ~フランスからのメッセージ~[農民編]』
(2004年/フランス/28分)
『赤貧洗うがごとき』 (2006年/日本/98分)
『アジアの行動するコミュニティ』 (2008年/日本・ネパール/20分)
『ヒト・ウシ・地球 - バイオダイナミック農法の世界 -』 (2006年/ニュージーランド/58分)
『この大地に生きている -三里塚東峰地区の人々-』 (2003年/日本/38分)
『オリーブの木がある限り』 (2007年/フランス/ 24分)
『健康な土 ― 過剰施肥のもたらすもの ―』 (2001年/韓国/46分)
『土の世界から』 (1992年/日本/32分)
『いのち耕す人々』 (2006年/日本/100分)


チケットは、会場のキャパシティの都合で、事前のお申し込みによる前売りのみだそうです。
(当日券は無いそうです。)
もし行ってみたいなぁという方がいましたら、
10月20日まで
にFAX(046-276-1064)、またはEメール(E-mail:info@yuki-eiga.com)のいずれかで申し込みできます。
締め切り明日ですね、、、。
もっと早くブログに書くべきでした。
日にちを過ぎても、対応していただけるかもしれません(^^)。

僕ら研修生3人は、園主にお願いしまして、揃って参加させていただけることになりました。

国際有機農業映画祭2008公式ホームページはコチラ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinagawa0141831296.blog57.fc2.com/tb.php/4-2bd46142
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。