上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党がマニフェストに掲げていた、高速道路無料化。

政権が交代した時のワクワク感は、どこかへいってしまいましたね。
ガッカリしています。

今日、「高速無料化は地方2車線中心に、35区間前後に。」というニュースが出ました。
以下の記事は、共同通信の転載です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

6月をめどに実験的に始める高速道路無料化の対象は全国で35区間前後になることが29日、明らかになった。前原誠司国土交通相ら国交省政務三役が方針を固めた。交通量が少ない地方部の2車線区間を中心に最終的に決定する。

これまでの調整では北海道横断道、日本海沿岸東北道、山陰道、東九州道、沖縄道の一部区間での実施が固まった。このほか関東と四国にある路線の一部区間も対象に挙がっているという。

一方、フェリーなどへの影響が大きい本州四国連絡道路と、交通量の多い東名高速、名神高速などネットワークの骨格となる道路は対象外とする。また首都高速や阪神高速については前原氏が有料を維持すると明言している。

2010年度予算で無料化に充てる予算は1千億円。具体的な区間や無料化の期間は、前原氏が2月2日に発表する予定。

無料化以外の区間では走行距離に応じて支払う現行の料金制度を見直し、「普通車2千円、軽自動車千円」などと走行距離が長くても一定以上の通行料を徴収しない上限料金制を導入する方向で検討を進めており、制度が固まった段階で別途発表される見通し。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

住む場所によって、高速道路が無料と有料になるというのは、なんだか不公平だなと感じます。毎日利用するのと、旅行などで使うのでは、明らかに利用頻度が違うわけだし、本来ならば利益が出ている路線こそ恩恵を受けるべき。

今回無料化になるという地方の赤字路線。都市部の利用者が、地方の肩代わりしている感じがする。そこに不公平感を持ってしまう。

今回のような無料区間を作らず、毎日(曜日関係なし)上限1000円を継続してくれた方がよっぽど嬉く思う。


検討されているという、普通車2千円、軽自動車千円という上限料金制。これもどうして普通車と軽自動車でこんな金額の差をつけるのだろうか?意味が分からない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinagawa0141831296.blog57.fc2.com/tb.php/134-2d35657a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。