上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本がどんな戦いをするのか。デンマークは勝つしか無いのだから、間違いなく前掛かりでくる。
日本が先制して、デンマークをより前掛かりにさせて、カウンターから2点目・3点目を取りにいく展開が理想的。
怖いのは相手のセットプレー。ゴール前での不用意なファールは避けたい。

一足先にグループFの予選順位が確定した。1位はパラグアイ。2位はスロバキア。
日本は1位抜けをしてスロバキアとの対戦の方が良いと思うが、オランダがカメルーンに敗れることは考えにくい。

前回ドイツ大会の優勝国(イタリア)、準優勝国(フランス)が共に1勝もできずに予選敗退。予想できなかった展開だ。フランスがあんなにチーム崩壊するのならば、アイルランドが見たかった(アンリのハンドゴール)。


世界に向けて「日本のサッカー」を見せ付けて、「欧州予選グループ1」を1位で突破したデンマークをしっかりと叩いて、大きなサプライズを起こしたい。


            試合/勝点/勝/分/負/差
1位 デンマーク  10  21  6  3  1 +11
2位 ポルトガル  10  19  5  4  1 +12
3位 スウェーデン 10  18  5  3  2  +8
4位 ハンガリー  10  16  5  1  4  +2
5位 アルバニア  10   7  1  4  5  -7
6位 マルタ     10   1  0  1  9 -26

(ちなみにデンマーク対ポルトガルの直接対決は、3-2、1-1の1勝1分け。)
スポンサーサイト
2010.06.21 夏至
先週梅雨入りした関東甲信越地方。
毎日じめじめとした気候が毎日続いていますが、今日は夏至ですね。

太陽が最も北(北回帰線の真上)に来るために起こる現象で、一年で最も昼の時間が長くなる日。

阿智に引っ越してきてから初めての夏を迎えます。標高700メートルほどの場所に畑があるので、
一日の中でも気温差があり、美味い野菜が作れると期待しています。
私の兄である、ヴィオラ・ダ・ガンバのプロ奏者「品川聖(ひじり)」の今後のコンサート情報をお伝えします。

現段階で確定している公演で、詳細(料金、共演者)についてはまだ決まっていないものもあります。
公演の詳細が確定次第、また新規に公演が決まりましたら、随時このブログにてお伝えさせていただきます。

新規公演として、8月28日(土)に長野県松本市にある「徳本峠小屋」にて、「再誕記念オープンコンサート」を行うことが決まりました。

先日(6月15日)、上高地の西糸屋山荘にてコンサートを行いましたが、上高地から4時間ほど登山道を歩いた場所にある「徳本峠小屋」でのコンサート。楽器も登山道を担いで上がります。
標高2135mでのコンサート。素晴らしい雰囲気のコンサートができるのではないかと、今からワクワクしています。

ヴィオラ・ダ・ガンバの魅力を味わいに、是非ともコンサートにお越し下さいませ。

逕サ蜒・1088_convert_20100325213120

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

7月16日(金)19:00開演 
東京都新宿区(京王新線初台駅下車) 東京オペラシティ3F 近江楽堂
「ムジカ エテルナ 甲府 第76回定期演奏会」

出演:石井高子(ソプラノ)、荒川恒子(リコーダー)、品川聖(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、
寺村朋子(チェンバロ)

料金:2500円

お問い合わせ:荒川 TEL 045-421-0502

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

7月20日(火)18:30開演
山梨県甲府市 甲府キリスト福音教会
「ムジカ エテルナ 甲府 第76回定期演奏会」

出演:石井高子(ソプラノ)、荒川恒子(リコーダー)、品川聖(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、
寺村朋子(チェンバロ)

料金:1500円(一般)、1000円(学生、子供)
前売り券無し(全て当日券のみ)

お問い合わせ:荒川 TEL 045-421-0502

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

8月28日(土) 17:00開演
長野県松本市 北アルプス徳本峠小屋
「徳本峠小屋 再誕記念オープンコンサート~北アルプスの夜明け」

出演:品川聖(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

料金:無料

お問い合わせ:アントレ編集部 TEL 042-378-7603
       徳本峠小屋 TEL 090-2767-2545

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

9月4日(土) 開演時間未定
静岡県浜松市 市楽器博物館
「タイトル未定」

出演:花岡和生(リコーダー)、品川聖(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、他

料金:未定

お問い合わせ:浜松市楽器博物館 TEL 053-451-1128

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

10月13日(水) 19:00開演
福島県いわき市 いわき芸術文化交流館アリオス
「今村泰典&品川聖 デュオ・コンサート」

出演:今村泰典(テオルボ)、品川聖(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

料金:未定

お問い合わせ:アントレ編集部 TEL 042-378-7603

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

10月14日(木) 19:00開演
茨城県つくば市 ノバホール
「今村泰典&品川聖 デュオ・コンサート」

出演:今村泰典(テオルボ)、品川聖(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

料金:未定

お問い合わせ:アントレ編集部 TEL 042-378-7603

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

10月15日(金) 19:00開演
東京都新宿区(JR山手線新大久保駅下車) 日本福音ルーテル東京教会
「今村泰典&品川聖 デュオ・コンサート」

出演:今村泰典(テオルボ)、品川聖(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

料金:未定

お問い合わせ:アントレ編集部 TEL 042-378-7603

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

10月24日(日) 18:00開演
東京都世田谷区(東急大井町線上野毛駅下車) 上野毛カルチャー・インスティテュート
「ランデブー・バロックコンサート」

出演:品川聖(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

料金:3500円(軽食付,要予約)

お問い合わせ:同カルチャー TEL 03-5758-3875

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

11月7日(日) 14:00開演
長野県安曇野市 あづみ野コンサートホール
「4人のソリストによる Early Music ソロの世界~あづみ野コンサートホール開館10周年記念参加
第4回 品川聖 残照アーベル」

出演:品川聖(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

料金:3000円、当日3500円

お問い合わせ:アントレ編集部 TEL 042-378-7603
        あづみ野コンサートホール TEL 0263-82-6419
        まつもとバッハの会 TEL 0263-26-0724

♪4人のソリストによる、シリーズものです。限定100席で味わう至福のひとときを是非どうぞ。
トップアーティストによる古楽の魅力を、存分にご堪能ください。

第1回  2月6日(土)15:00開演 寺神戸亮 「シャコンヌへの道」 (終了)
第2回  4月3日(土)15:00開演 花岡和生 「笛の楽園」  (終了)
第3回  9月4日(土)15:00開演 鈴木秀美 「バッハの真髄」
第4回 11月7日(日)14:00開演 品川聖  「残照アーベル」
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

11月下旬 開演時間未定
東京都立川市玉川上水 ロバハウス
「ロバハウスライブ 品川聖プロデュース ヴィオルの魅力 Vol.Ⅵ」

料金:3000円

お問い合わせ:アントレ編集部 TEL 042-378-7603

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

12月上旬 19:00開演
東京都 会場未定
「J.S.BACH Vol.Ⅴ
ヴィオラ・ダ・ガンバ&チェンバロ デュオ・リサイタル」

出演:品川聖(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、チェンバロ演奏者未定

料金:3000円(一般)、1500円(学生)

お問い合わせ:アントレ編集部 TEL 042-378-7603

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

12月上旬 18:30開演
山梨県甲府市 甲府キリスト福音教会
「ムジカ エテルナ 甲府 第77回定期演奏会」

出演:石井高子(ソプラノ)、荒川恒子(リコーダー)、品川聖(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、
寺村朋子(チェンバロ)

料金:1500円(一般)、1000円(学生、子供)
前売り券無し(全て当日券のみ)

お問い合わせ:荒川 TEL 045-421-0502

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
W杯南アフリカ大会が開幕した。南アフリカ大会は冬の開催、しかも昼間のW杯。キックオフの時間が、日本時間で20:30~、23:00~、27:30(3:30)~の3パターンなのでとても観戦しやすい。

そしていよいよ迎えた、我ら日本の初戦。

W杯直前の壮行試合では「勝ちたいという気持ち」が見えず、フォーメーションを急遽いじったりとかなり迷走していたが、カメルーン戦での選手のプレーにはとても感動した。

長友選手の試合後のインタビュー。あの嬉しそう表情がすべてだ。
達成感、充実感、安堵感。


今から4年前の2006年。私は開幕前から開幕後までの42日間、ドイツを旅しながらW杯観戦をした。畑に作物を置いて南アフリカに行くことはできない分、新しく買ったテレビで世界のサッカーを楽しもうと思う。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。