上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の兄である、ヴィオラ・ダ・ガンバのプロ奏者「品川聖(ひじり)」の4月のコンサート情報をお伝えします。

ヴィオラ・ダ・ガンバの魅力を味わいに、是非ともコンサートにお越し下さいませ。

逕サ蜒・1088_convert_20100325213120

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

4月4日(日) 昼公演 14:30開演/夜公演 17:30開演
東京都杉並区(井の頭線西永福駅下車)前川邸
「桜サロンコンサート~バッハ vs バルトーク 200年の時を超えてBB対決~」
 
出演:飯塚直子(リコーダー、パーカッション)、品川聖(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、
寺村朋子(チェンバロ)

料金:各2500円(要予約)

ご予約・お問い合わせ:寺村 (E-mail:ptomo@tbr.t-com.ne.jp)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

4月11日(日) 14:00開演
東京都目黒区(東急東横線・東京メトロ日比谷線中目黒駅下車) 中目黒GTプラザホール
「小さな歌のコンサート Vol.1」
 
出演:村上雅英(ソプラノ)、品川聖(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、寺村朋子(チェンバロ)
賛助出演:樋口麻理子(ソプラノ)

料金:2900円

お問い合わせ:コンセール・プルミエ TEL 042-662-6203

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スポンサーサイト
キクイモを1反5畝ほど栽培する予定です。

谷あいにある4枚の田を利用して、「キクイモ」を栽培します。
3月に入って雨降りばかりですが、先日行った耕起の続きを作業しました。

逕サ蜒・2030_convert_20100325203752 耕起前

逕サ蜒・2022_convert_20100318023702 耕起後


初めて栽培する作物なので分からないことばかりなのですが、周りの農家さんも今年が1年目なので、
相談しながら良い方法を模索していきたいと思ってます。

逕サ蜒・2039_convert_20100325204425 愛車

明日はキクイモの種芋を引き取りに行ってきます。草の背丈が3メートルにも生長するそうで、
咲かせる花が綺麗だそうなのでとても楽しみです。獣害は大丈夫なのでしょうか?

そろそろ情報収集をスタートしていかねば!!


飯田駅近くにあるレストラン「Natural Kitchen TESSHIN」が、先日1周年を迎えました。

農作業が立て込んでいて更新が遅くなってしまったのですが、もちろん私も1周年パーティーに行ってきました。パーティーは(3月14日)18時からのスタートだったのですが、私は仕事が終わらず19時に着きました。

店内に入ると心地よい熱気に満ちていて、あちこちで笑顔が溢れていました。
あとでお聞きしたところ、120名強の方が集まられたとのこと。

初めてお会いする方にも話しかけやすい雰囲気で、新しい出会いもありました。
TESSHINの雰囲気が大好きな人々と、その人々をもてなすが料理人やサービスのプロが集うと、あんなにも素敵な雰囲気のパーティーになるのですね。

参加者が景品を持ち寄っての「ビンゴ大会」もあったりして、私は兄(品川聖)のCDとラディッシュの種の詰め合わせを提供させていただきました。受け取られた方に喜んでいただけたら嬉しいです。

逕サ蜒・2019_convert_20100324120506

パーティー途中には、「sabakan(サバカン)」の生ライブも行われて、西アフリカの伝統的なリズムに乗って、心地良い空気を楽しむことができました。一緒に手を叩いたり、歌ったり、輪になって踊ったり。

逕サ蜒・2021_convert_20100324120537

私がTESSHINに出会えたのは、「ゆうき人」という飯田にある生産者グループのおかげであって、
今年に入ってから多くの人々と出会うことができて、近い将来を想像すると本当にワクワクしてきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Filare(TESSHINを含むグループ)が、現在「スタッフ募集」をされているそうです。
詳しくはコチラ

まだ私はTESSHINのランチタイムにしか行ったことがありませんが、他のお店もとても居心地の良い雰囲気なんだろうと思います。きっと温かい雰囲気の方からの応募があるのでしょうね(^^)




名古屋市緑区に住民から意見や要望を取り入れてつくられた「南生協病院」が、今日移転オープンしたそうです。

名古屋市南区三吉町から移転するこの総合病院は、そもそも半世紀前の伊勢湾台風後、住民の出資により発足した医療機関が前身だそうです。

建設費は62億円で、土地購入費20億円は組合員からの増資で賄われるそうで、「住民からの出資」という面において新しい病院のあり方として注目されるのではないでしょうか。

建設にあたり、3年半で43回もの会議が開かれ(組合員を含めて延べ5200人が参加)、患者の視点に立った良いアイデアがたくさん盛り込まれています。

・数日~数週間滞在して育児指導などを受けられる助産所を院内に設置
・調理場を備えた多世代交流館の設置
・低カロリー・減塩といった、からだに優しいパン屋を開店
・患者が病気について調べられる「患者図書室」の設置

アクセスも大変良く、東海道本線の南大高駅から徒歩3分ほど。

利用者(患者)が病院を選ぶ時代から一歩進んで、自分たちも一緒になって居心地がよく便利な病院を作り上げていく新しいカタチ。

それにしても、南大高駅周辺の開発はすごい勢いですね。2008年3月25日にオープンした「イオン大高ショッピングセンター」(HPはコチラ)を皮切りに、新駅(南大高駅)の開業。

そして今日、「南生協病院」の移転オープン。そして、同じく今日、「ワーナー・マイカル・シネマズ大高」グランドオープン(HPはコチラ)

今度名古屋に行ったときに、是非とも南大高へ行ってみたいと思います。
ボブディランのライブを見に、Zepp Nagoyaへ行ってきました。
Bob Linksから、セットリストを転載させていただきました。

1. Leopard-Skin Pill-Box Hat
 (Bob on keyboard, Donnie on lap steel)
2. Lay, Lady, Lay
 (Bob on guitar, Donnie on pedal steel, Stu on acoustic guitar)
3. Things Have Changed
 (Bob on keyboard, Donnie on pedal steel)
4. Just Like A Woman
 (Bob on keyboard, Donny on pedal steel, Stu on acoustic guitar)
5. The Levee's Gonna Break
 (Bob on keyboard, Donnie on electric mandolin)
6. Every Grain Of Sand
 (Bob center stage on harp, Donnie on pedal steel)
7. Cold Irons Bound
 (Bob on center stage on harp, Donnie on lap steel)
8. Sugar Baby
 (Bob on keyboard, Donny on pedal steel, Stu on acoustic guitar, Tony on standup bass)
9. Honest With Me
 (Bob on keyboard, Donnie on lap steel)
10. Desolation Row
 (Bob on keyboard and harp, Donnie on electric mandolin,
 Stu on acoustic guitar, Tony on standup bass)
11. Highway 61 Revisited
 (Bob on keyboard, Donnie on lap steel)
12. Spirit On The Water
 (Bob on keyboard and harp, Donnie on pedal steel, Tony on standup bass)
13. Thunder On The Mountain
 (Bob on keyboard, Donnie on lap steel, Stu on acoustic guitar)
14. Ballad Of A Thin Man
 (Bob center stage on harp, Donnie on lap steel)

(encore)
15. Like A Rolling Stone
 (Bob on keyboard, Donnie on pedal steel)
16. Jolene
 (Bob on keyboard, Donnie on lap steel, Tony on standup bass)
17. All Along The Watchtower
 (Bob on keyboard, Donnie on lap steel)

いや~、ボブの目の前、4列目ぐらいの場所を確保できて、間近に見る演奏は本当に格好良かったです。
今回のジャパンツアー、昨日の公演(19日)しか私は行くことができなかったけれど、胸が熱くなる2時間でした。

大好きな曲の一つ「Every Grain Of Sand」が聴けるとは...。
農家のこせがれネットワークと、その代表者である宮治勇輔さんが、今日の夕方
17:35~からテレビ朝日系列「スーパーJチャンネル」に登場します。

そういえば今月頭に行われた「こせがれ1周年」でも、取材されていましたね。
どんな風に取り上げられているか(まとめられているか)、とても楽しみです。

最近、こせがれのブログ(HP)をチェックしていなかったので、放送当日の
お知らせになってしまいましたが、農業に関心のある方はぜひご覧下さい!!

なお、「スーパーJチャンネル」は報道番組のため、急な事件などにより
放送日が延期になることもあるとのこと。

私は名古屋に行っているため、ワンセグで見ます(^^)
現在までに累計発行部数240万部突破している、人気コミック『岳-ガク』が映画化決定!!

主演に小栗旬(島崎三歩役)、ヒロインに長澤まさみ(椎名久美役)を迎えて、
2011年に公開されるそうです。

私が三俣山荘(山小屋)で働いている時に、となりの山小屋(雲の平山荘)で働いていたterra君
(ブログ:ヴァンデルンク)にマンガを貸してもらって以来、結構好きで読んでます。

撮影は3月14日に八ケ岳でクランクインし、今後は八方尾根、奥穂高岳、立山連峰などで
撮影が行われるとのこと。

奥穂へも行くってことは、涸沢ヒュッテにも宿泊するかな?

公開が楽しみです!! 
ついに、3月19日がやってきました!!

昼過ぎに阿智を出発して、名古屋へ向かいます。

ボブディラン

神のライブ。

しかもライブハウスでのスタンディングライブ。

楽しんできます!!
2010.03.18 友人が来園。
先日、山小屋で働いていた時の仲間terra君が手伝いに来てくれましたが、15日から17日の間には
同じく三俣山荘(北アルプスの山小屋)で働いていた時の仲間が手伝いに来てくれました。

どんな感じに農園をやっているんだろうと、友人が阿智に来てくれること。とても嬉しいです。

ビニールハウス内の片付けを徹底的に進めました。13棟中6棟はすでに耕起済み。
今回さらに4棟分を耕起手前の段階までできるように作業を進めました。

逕サ蜒・2026_convert_20100318073221

残り3棟のうち、1棟はクリスマスローズを育てるので、実質あと2棟の片付けとなりました。

逕サ蜒・2027_convert_20100318073215


冬の間にもっと作業を進めておけば良かったと感じていますが、今やるべき作業をどんどん進めていって、
今月までには全てのビニールハウスにて作付けできる状態にまで作業を進めていく予定です。




雪やら雨が良く降ったため、畑がぬかるんでいたのですが、ようやく乾いたのでトラクターで耕起しました。

阿智村は今年から、菊芋栽培にチカラを注いでいます。昨年初めて栽培したそうで、種イモを収穫し、その種イモが近日中に手元にやってきます。菊芋を粉末状にして、麺に練りこんで製品化するそうで、実際に昨年秋のお祭りで商品を試食してみたのですがとても食べやすく美味しかったです。

私の畑では今年、1反2畝ほどの面積で菊芋を栽培します。

逕サ蜒・2022_convert_20100318023702

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そもそも菊芋という植物の存在をまったく知らなかったので、少し調べてみました。

・原産は北アメリカ北部、北東部

・日本には江戸時代末期に飼料用作物として伝来

・第二次世界大戦中に加工用や食用として栽培されたものが野生化したものもある

・学名は、ヘリアンツス・ツベロスス(Heliantus tuberosus)
ヘリアンツスはギリシア語に由来する「太陽の花」、ツベロススは「塊茎状の」という意味

・インディアンが栽培し、食べていた植物です。トピナンブ族が食べていたので、
菊芋をヨーロッパでは「トピナンバー」と呼ぶ

・エドカー・ケイシーという人が20世紀初頭に、多くの糖尿病の人に食べさせて合併症から救ったという
伝えがある

・主成分は食物繊維と難消化性の多糖類イヌリンで、生の菊芋には13-20%のイヌリンが含まれる

・英名は、Jerusalem artichoke、girasole

・キク科ヒマワリ属の多年草

・別名は、アメリカいも、ぶたいも(ぶたいもとは、すごい名前ですね。)

・草丈1.5m~3m(とても大きいですね。)

・9~10月に、菊あるいはヒマワリに似た黄色い花が咲く

・10月末に地中に塊茎(イモ)を作る

・茎や葉に小さな刺がある

・太陽さえあれば乾燥していても構わない(強靭な植物で、繁殖力が強い)

・霜が降りるころまでに、芋が大きくなる

・霜が降りて地上部が枯れたら、芋を掘り起こす

・芋は乾燥しやすいので、必要な分だけ掘り起こすと良い

・3月末までが、菊芋の食べ時(その後は、芽が出ないように冷蔵庫で保存)


【食べ方】

・塊茎を食用とし、牛乳煮、バター焼き、フライ、スープ、味噌漬け、煮物などに利用

・健康食品として、顆粒やお茶、麺として加工され市販されている

・飼料のほか、果糖の原料にもされる


【菊芋は低カロリー食品】

菊芋     35 kcal(100g)
サツマイモ  132 kcal(100g)
ごぼう    65 kcal(100g)
たまねぎ   37 kcal(100g)


【ミネラル(100g中のミネラル含有量)】

カリウム  2.1㎎
ナトリウム  20㎎
マグネシウム  199㎎
カルシウム  140㎎
リン  330㎎
鉄  2.4㎎
マンガン  2.8㎎
銅  0.4㎎
亜鉛  10.1㎎
セレン  0.993㎎

(亜鉛とセレンが多いことが菊芋の特徴です)


【菊芋に含まれる栄養】

・イヌリン(「天然のインシュリン」と、呼ばれている)
・ポリフェノール(サポニンなど抗酸化物質の総称で、活性酸素の害を防ぐ大切な働き有り。)
・ミネラル

・ビタミン:βカロチン、サイアミン(B1)、リボフラビン(B2)、ナイアシン(ニコチン酸)、ビオチン(H)、アスコルビン酸(C)

・酵 素: イヌリラーゼ、プティナーゼ、インベルターゼ、ホスホリラーゼ、フェノラーゼ

・その他:コリン、ベタイン、サポニン
先月から実際に準備をスタートさせたフリーペーパー作り。

逕サ蜒・1987_convert_20100318004409

Iターンで阿智村に引っ越してきた6人が、出会った勢いをそのままに、阿智村のヒト・モノなどの魅力を伝えるフリーペーパーです。

逕サ蜒・1986_convert_20100318004357

このお茶目な彼は、何度か私のブログに登場している、阿智村清内路に住む「たけろう君」。

先日ミーティングを行い、「フリーペーパーのタイトル決め」を行いました。
たけろう君は良い案がなかなか出ずに停滞するミーティングの中、たたみかけるように怒涛の案出しをしてくれました。かなり捨てがたい笑えるタイトルも出たのですが...。

3時間ほど熟考して(雑談含む)、ついにタイトルが決定しました!!

「あちゃらか」です。

意味は、「ごく日常的なことを材料として、笑いを誘うような、ばかふざけをすること。」(広辞苑より)

私たちの目指すフリーペーパーのコンセプトと、良い意味でのノリと勢い。
ひらがなの優しいコトバの響きと、覚えやすさ。
しかも、さりげなく「阿智(あち)」ともじっている遊び心。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

飯田市や名古屋(東海)、東京などの阿智村外の方にターゲットを絞り、「阿智村って良く知らなかったけど、なんだか面白そうなとこじゃん。今度行ってみようかな。」と思わせるような、でもよくありがちな観光ガイドブック的なものではなく、もっと生活感があるというか、チカラの入っていない自然体なフリーペーパーにしたいと思っています。

創刊号(1号)は、今月の23日に完成する予定です。立派な体裁のフリーペーパーでは全くありませんが、奇数月の25日頃に継続的に発行していきます。(2ヶ月に一度の発行で、白黒コピー刷りです。)

「あちゃらか」を置いていただける飲食店やお店などを募集しています。私たちも自分達の足で、置かせていただける場所を探しに動き始めます。

平飼い鶏卵農家 × 1人
自然農法を実践しながら田舎暮らしを満喫しているヒト × 1名
農家(有機農業) × 3名
阿智村役場の職員 × 1名。

20代が5名、30歳が1名の若造集団です。

現段階では6名(すべてIターン者)からのスタートですが、作り手側も随時仲間を募集してます。 興味のある方、メールフォームから連絡下さい。

阿智村の魅力あるヒト・モノを毎号少しずつ紹介していき、読んでくださった方がホッとした気持ちになったり、掲載した記事の場所に訪れることによって新しいヒトとヒトの交流が生まれたらとても嬉しいですね。

「フリーペーパーあちゃらか」乞うご期待!!

近日中に「あちゃらかブログ」も立ち上げます。毎号の取材の様子、記事には書ききれなかったこぼれ話、阿智村内のイベント情報、季節のフォト(写真画像)などをお伝えしていければなぁと思っています。
3月14日(日)、長野県有機農業研究会主催の「農家のための農業機械整備講習会」に参加してきました。

会場は信州大学の農場内学習室。阿智村からは中央自動車道で1時間弱。伊那ICでおり、そこから車で5分ほど。

逕サ蜒・2003_convert_20100317090020

中央アルプスと南アルプスの山々が間近にせまり、とても良い眺めにキャンパスがありました。

「久野農園のなべさん」も、ここで勉強していたんだよな~とか思いながら行ってきました。
(私は信州大学へ初めて行ってきました。)

講師は「農家の機械整備便利帳(農文協)」の著者である、青木敬典さん。

逕サ蜒・1998_convert_20100317085326

逕サ蜒・2000_convert_20100317085431

逕サ蜒・2001_convert_20100317090024

機械整備は百姓にとって毎日の日課。使いたい時に機械が動かないなんてことが無いよう、
しっかりと勉強して、日々メンテナンスを心がけようと思いました。

無駄な出費を出さないためにも、メンテナンスは続けることが重要ですね。とても勉強になりました。
飯田駅周辺にて飲食店を5店舗経営されているFilare(フィラーレ)の方々が、
阿智ファームに農場見学に来て下さいました。

飲食店(レストラン)の方々が来られるのは初めてだったので少々緊張しましたが、畑を
見に来ていただけることはとても光栄なことなので数日前からワクワクしていました。


それぞれのお店の詳細は、店舗名をクリックすると見ることができます。
pizzeria il saryo
Natural Kitchen TESSHIN
品質本位酒場 ホルモン本舗 丸中商會 
slow food 萬房
串焼きと創作料理の店 月うさぎ


5店舗のスタッフの方々と、専務さん。そして、生産者とレストランの橋渡しをしてくださる
生活菜園の塩澤さん。そして阿智村生まれの有機農家の先輩、高坂さんご家族。

なんと、総勢10名!!

ビニールハウス内で育苗の様子や、今年これから栽培する種などを紹介させていただきました。
面白い品種もあります。


食べに来られたお客様に最高の味・空間・時間で喜んでいただけるように、
「生産者(私)と飲食店(フィラーレさん)」の交流を多く持って、
お互いの想いが共有できたら素晴らしいことだなぁと思っています。

私がやることは、美味い野菜を作ること。そして日々精進していくこと。


農体験イベントも是非やってみたいです。まず種まき会をして、草取りをして
(これは人が集まらないかなぁ^^)、収穫をして、すぐにレストランに持ち帰り
シェフに調理していただいて、みんなでワイワイ交流食事会。

このような時間や空間、きっとおもしろいと思います。

阿智で農業をやっていこうと決めた気持ち。
少しずつですが確実に広がっている、人との繫がりや実感。

ワクワク&ドキドキが止まらないっていう感じです(^^)。

最後は小塚ご夫婦の畑前にて、集合写真をパシャリ! 私を含めて13名。
足元がぬかるみなどで悪い中、来ていただきありがとうございました。

逕サ蜒・1959_convert_20100312043212

誰一人として転倒して泥だらけにならなかったこと。ホッとしました(^^)


terra君が阿智に遊びに来てくれたので、TESSHINにランチを食べに行った次の日には、阿智から車で15分ほどの天竜川沿いに昨年の11月23日にOPENした「かぶちゃん食堂」(HPはコチラ)に、ランチビュッフェを食べに行ってきました。

かぶちゃん農園といえば、地域ブランドに認定された「市田柿(いちだがき)」に付加価値をつけて販売している企業。和菓子のように一つ一つ市田柿が包装された箱詰めや、「ひとくち干し柿」という甘栗むいちゃいましたみたいな感覚で食べられる商品(県内や、関東、東海、近畿のコンビニやスーパーなどで購入可能)を生産・販売しています。

そのため、このランチビュッフェには市田柿を使ったカレーやキムチ、さらに天ぷらまでありました。

逕サ蜒・1846_convert_20100312034231

150席という広々とした店内で、好きな料理を好きなだけ取る。ついつい食べ過ぎてしまいましたが、料理の種類も多くデザートまでしっかりあるので、なかなかオススメです。

逕サ蜒・1847_convert_20100312034302

開店が11:00で、ラストオーダーが14:00です。14:30まで営業しています。HPには掲載されていませんが、制限時間は1時間だそうです。ちなみに年中無休だそうです。
2010.03.12 友人が来園。
私は大学を卒業してから、北アルプスの三俣山荘という山小屋で働いていました。三俣(みつまた)とは、長野県、富山県、岐阜県の3つの県境を持つ三俣蓮華岳のことで、新穂高温泉登山口からコースタイムで10時間ほど掛かる、北アルプス最奥部と呼ばれている場所です。

三俣山荘・雲ノ平山荘・水晶小屋の3つの山小屋を伊藤正一さんが経営されています。大学時代に槍が岳に登ったとき、三俣・雲ノ平方面が「緑の楽園」のような不思議な場所に見えて、あそこで生活してみたいなぁと思いました。

その時の山小屋仲間であるterra君。彼は「ヴァンデルンク」という山旅&山道具紹介ブログをやっていて(リンクも張っています)、今年の4月から就職が決まり自由に動けるうちにということで、阿智に遊びに来てくれました。

遊びに来たというより、農作業を手伝いに来てくれたという言葉の方がピッタリでしょうか~。


ビニールハウスの片付けはあと残すところ3棟のみなのですが、この3棟が非常に荒れていて、草がかなり生い茂ってしまっています。かなりの強敵!! 一番後回しになっていたのですが、今回terra君が来てくれるということでここぞとばかりに、このハウスの片付け作業を手伝っていただきました。

逕サ蜒・1801_convert_20100312021533


まさに、ハウス内はジャンゴー(ジャングル)状態!!

砂ぼこりと植物から出る花粉のようなもので喉がガラガラに。そして非常に晴れていてポカポカの陽気だったため、ハウス内の温度もかなり上がり汗だくの作業でした。

これから先の「農」のこと、就職先のことなど色々話すことができ、楽しい時間が過ごせました。

遠いところから来て、農作業を手伝ってくれてありがとう!配属が長野県になることを祈ってます。頑張って~!!

逕サ蜒・1802_convert_20100312021615
先ほどご紹介したTESSHINですが、1周年記念感謝祭を行うそうです。
もちろん私も参加してきます。ビュッフェスタイル、しかも飲み放題!!

逕サ蜒・1787_convert_20100309014347

新たな人との繫がり、とても楽しみです。

※予約が必要なようですので、
0265-48-0150までご連絡をお願いします。



イベントの詳細を、コピーして貼ります。是非ともみなさん、
14日はTESSHINへ。


日時:3月14日(日) 18時~

場所:もちろん「TESSHIN」です。

会費:男性4,000円・女性3,000円

お子様2,000円(ただし小学生以下は無料とさせていただきます)

☆予約・お問合わせ:ナチュラルキッチン「TESSHIN」 ℡0265-48-0150


日頃ご愛顧頂いております、皆様方そして、応援して下さる生産者・地域の皆さまとともに、
「TESSHIN 1周年記念パーティー」を開催して、楽しく1周年のお祝いをしたいと思います。

当日は地元の人気アーチスト「sabakan:サバカン」のライブや、景品の当たるアトラクションも
開催いたします。

料理はTESSHINならではの地元の素晴らしい食材を活かした盛りだくさんのビュッフェ。
飲み物は、キリンのプレミアムBeer「ブラウマイスター」をはじめワイン、カクテル、ソフトドリンク
などお好きなものが飲み放題でお楽しみ頂けます。

たくさんのみなさまのご参加(ご予約)、心よりお待ちいたしております。



南信州産の野菜や肉などの食材をふんだんに使ったお店。店内に自然の光が入り込み、
落ち着いた雰囲気で食事をすることができる素敵なお店をご紹介します。

Natural Kitchen TESSHIN (ナチュラルキッチンテッシン)です。

飯田駅を下車し、駅前からまっすぐのびる中央通りを進み、「中央通り1・2」という交差点を右折。
飯田のシンボル「りんご並木(HPはコチラ)」を100メートルほど歩くと、右側にお店があります。

逕サ蜒・1788_convert_20100309014706

先日、「ゆうき人(びと)」という、南信州の生産者が地域の農業や有機農業について学んだり、消費者と交流したりするグループの集まりに初めて参加させていただき、ゆうき人の野菜を食べることができるNatural Kitchen TESSHINのことを知りました。

逕サ蜒・1787_convert_20100309014347

滋賀県から遊びに来てくれたterra君と一緒に、さっそくランチを食べに行ってきました。

飲む有機野菜
有機野菜サラダバー
ドリンク二杯(私は辛口のジンジャーエールと、ホットコーヒーを注文。)
自家製パン又はライス
4種のメインから1種

逕サ蜒・1785_convert_20100309014238

メインを何にするのかさんざん迷ったあげく、阿智黒毛和牛を使ったハヤシライスをチョイスしました。とろける肉の柔らかさと旨み、最高に美味しかったです。
ゆうき人のサラダバーもそれぞれ生産者名が書かれ、自分の作った野菜が並ぶことを想像しただけでワクワクしますし、頑張って美味い野菜を作っていこうと気合いが入りました。

ちなみにこれだけのボリュームで、なんと1200円です!!
11:30から14:30までに店内に入れば、このランチを食べることができます。

農家としてスタートを切ったばかりの私にとって、地元である飯田・下伊那で自分が作った野菜を食べていただくことはとても重要なことです。シェフの方やお客様に直接お会いすることができ、自分の畑にも気軽に来ていただくことができる距離感。

名古屋や東京方面から私の畑に遊びに来る友人。是非とも連れていきたいお店に出会い、とても嬉しいです。メインの料理もすべて味わってみたい。次回は、今週の13日に行きます。「ゆうき人のポトフ」を注文したいと思っています。


【Shop Data】
席数
店内:56席(パーティー 着席65名様 立席80名様迄)

営業時間
Lunch:11:30 OPEN ,14:30 CLOSED
Dinner:17:30 OPEN ,22:00 CLOSED

住所
長野県飯田市本町2-1 サンクチュアリビル1F

TEL
0265-48-0150

フィラーレグループのHP

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

阿智ファームは、「人が集まる農園つくり」を目指しています。野菜を売る買うという関係だけではなく、どのような花を咲かせ実をつけるかなど、野菜の生長を実際に見に来て欲しいと思っています。種まきをしたい方がいらっしゃいましたら、いつでも歓迎です。

市民農園などを借りて野菜作りはしてみたいけど、仕事があるから無理だという方。お子さんに土との触れ合いをさせたいお父さんお母さん方。どうぞメールフォームから連絡を下さい。

一緒に種まきをしましょう。時間が空いたときに生長の様子を見に来て、収穫できるようになったらまたフラ~と遊びに来る。そのような「人との繫がり」を持ちたいと思っています。

飯田・下伊那にお住まいの方はもちろん、名古屋、東京などにお住まいの方からのご連絡も大歓迎です。

また、「私も農家になりたい!!」という方、就農を目指して研修中(勉強中)の方、実際に農地や家を探している方、困っていることや相談したいことがある方。私自身はまだ独立してから半年しか経っていないですが、連絡いただければお役に立てることが少しでもあるかもしれません。

ビニールハウス内の土壌分析を行いました。JAの普及所などに依頼すると、一検体4000円ほど掛かってしまうのですが、ジャパンバイオファームのDr.ソイルを使えば自分で調べることができます。

購入すると6万円ほどでとても高価なものですが、飯田の農作物グループ「ゆうき人」の方にお借りしました。

昨年まで働いていた久野農園でも、Dr.ソイルを使って土壌分析をしていました。ジャパンバイオファームで働かれていた方にも農園まで来ていただいて、使い方の講習会を行っていただいたので、使用方法の流れはおおまかにつかんでいました。

逕サ蜒・1805_convert_20100309063711

しかし、この試験管の色(上の画像)を、下の画像に出ている比色表という道具を使って数値化するのですが、太陽が出ていないと分かりにくいという点と、数値の数値の間の色をどのように数値化するかは実験者の裁量に任されていて、正直かなりアバウトだと言えます。

逕サ蜒・1803_convert_20100309063650

「ゆうき人」では、デジタル検定器も貸し出していただけるため実際に使ってみました。使ってみての率直な感想は、「こりゃ、便利だなぁ~!!」

試験官をデジタル検定器に差し込んで、パソコン画面上で数値を読み取ります。簡単に数値化できるので、本当に驚きました。しかも天候を気にせずに測定できるし、個人によるデータの差が無く、正確に数値化することができます。

ちなみに、価格は10万円ほど...。お借りできる環境が整い、大変感謝しています。

有機農業は勘や経験に頼りがちな部分が多くありますが、私はまだその経験値が全然無い。経験値が無いということは、野菜の生育状況の中での変化(異変)をキャッチできない可能性があります。

土壌分析は野菜の生育環境を整えてあげるという点で、続けていきたいことです。土壌の状況と、実際に目で生育状況を確認して、データをしっかりと取りながら栽培していきたいと思っています。

現在の有機農業で小祝政明さんはその第一線で活躍されている方で、本を読み返しながら参考にしています。


ジャパンバイオファームHPはコチラ
逕サ蜒・1857_convert_20100309062234

周りの農家さんより、少し早めに種まきをしました。ちょっと早すぎだったのかもと心配ですが、
発芽率も95%で、順調な生育です。

第1陣に播いたトマトの品種は、アイコとイエローアイコ。
逕サ蜒・1860_convert_20100309062305

第1陣のなすの品種は3種類播きましたが、その一つ「早生真黒茄子」が芽を出し始めました。
野口種苗研究所の種です。

F1品種ではない、種採りできる野口種苗さんの種。

生育の様子を、作物ごとに追っていきたいと思います。



なかなかブログを更新できずにいましたが、3月3日ひな祭りの日に、阿智村内の昼神温泉にある
旅館「石苔亭(せきたいてい)いしだ」へ、ひな飾りを見に行ってきました。

テレビや新聞でも良く取り上げられているので、知っている方も多いかもしれませんが、
今年は1月15日から4月4日までの期間、旅館内の能舞台にて公開されています。

逕サ蜒・1791_convert_20100309065227

座り雛に、吊るし雛。その数二千数百体だそうです。
圧巻でした!!

逕サ蜒・1792_convert_20100309065602

「阿智黒毛和牛の丑舞」 飯田お練り祭り(お祭り自体は、3月26、27、28日開催)の、27日と28日に登場します。阿智黒丑舞同好会の舞、とても楽しみです。
お練り祭り公式HPはコチラ
逕サ蜒・1797_convert_20100309065010

逕サ蜒・1794_convert_20100309063152

「湯屋守様」(ゆやもりさま) 昼神の神様です。
逕サ蜒・1796_convert_20100309064415

昼神特産の「昼神にんにく」
逕サ蜒・1798_convert_20100309070955


見学は無料です。9:00~19:00に、一般公開されています。

但し、以下の日にちは鑑賞できる時間に制限があるので、注意が必要です。

3月28日(日) 09:00~14:00 見学可
3月29日(月) 11:00~19:00 見学可

(上記以外でも鑑賞をご遠慮いただく場合があるとのこと。事前に問い合わせすることをオススメします。
石苔亭いしだ 0265-43-3300)
昨日、「農家のこせがれネットワーク1周年記念 大感謝祭」が行われるということで、
六本木へ行ってきました。あいにくの雨模様でしたが、内容は熱かったですね!!
(久しぶりに実家に帰り、いまは実家からブログを更新しています。)

大感謝祭は3部構成で、すっごいボリューム。
第1部 11:30~13:30  [農家・こせがれワールドカフェ]
第2部 14:00~17:00  [農家のこせがれネットワーク2010事業構想発表会]
第3部 18:00~21:00  [六本木農園ライブマルシェナイト大感謝祭]

私は所用がありワールドカフェに参加できなかったのですが、事業構想発表会とライブマルシェナイト大感謝祭に
参加してきました。

第1部と第2部の会場は、政策研究大学院大学の想海樓ホール。(国立新美術館の隣りにあります。)
逕サ蜒・1917_convert_20100307082030

昨年の3月7日に行われた「農家のこせがれネットワーク設立発表会」から早くも1年。設立発表会は仕事が休めず、行くことができなかったのですが、1000人を集める設立発起人にはすぐ立候補し、こせがれの活動をメルマガなどからチェックしていました。設立発表会が行われた後、日本各地で地区集会が開催され、日本中を巻き込むネットワークへと進化を続けています。

昨日行われた「農家のこせがれネットワーク2010事業構想発表会」では、REFARMへの熱い想いを実際にどのような活動をして、一年間の成果を振り返り、2010年の事業構想を発表する会でした。会場のホールは多くの参加者で埋まり、北は青森から南は沖縄から東京に集結という感じ(北海道地区はスカイプ中継)。


逕サ蜒・1865_convert_20100307081237


新スローガンも発表されました!ストレートなメッセージで、すごく格好良いですね!!
「農業をおもしろくする世代。」逕サ蜒・1895_convert_20100307081312


こせがれの新しいロゴも発表されました。顔に見えるデザイン。しかも、小せがれの「小」。
(ブログパーツも配信される予定とのこと。)
逕サ蜒・1896_convert_20100307081713

さらに、かわいいキャラクターが発表されました。
肉、米つぶ、しいたけ、苺、ピーマン。(肉としいたけの間にいる、ちっこいヤツが米つぶ。)
逕サ蜒・1901_convert_20100307083420

Tシャツと、手拭いも作成したそうです。Tシャツの背中側には、「農業をおもしろくする世代。」とプリントされています。Tシャツのボディは白色でしたが、農作業中に着たいので、汚れが目立たない「紺色」「緑色」を発売していただけると嬉しいです!脇坂さん、是非ともお願いします!!

事業構想の発表の内容は、先月行われた東海・中部集会で発表されたものでしたが、一年間の活動を映像で振り返り、これから進むべき方向、具体的なプロジェクトがわかりやすくまとめられていました。会場にはこせがれの集まりに初めて来られた方がかなり多かったですが、理解やイメージ出しのしやすいものでした。


そして、こんなサプライズも。これが熱かったですね!!!
Jaaたけやさん、ゲスト出演!!
じわじわと来る、笑い(熱さ)という感じ。
逕サ蜒・1909_convert_20100307081637

ちなみにJaaたけやさんも、「こせがれ」だそうです!「米」に本当に詳しい。

(第3部でのたけやさんのライブは爆笑でした。ネタをやらない、米の知識を連発する笑い。こせがれ仲間の前だから、ツボでしたね~。)

お米の歌、クセになりそうです。


第3部は六本木農園に移動して、立食パーティー。画像無いのですが、こせがれ農家の食材で作られたメニューに大満足でした。「みやじ豚」も初めて食べられました。美味い!!
逕サ蜒・1921_convert_20100307083422

六本木農園とは、昨年の8月に六本木にOPENした新しいコンセプトのレストラン。「全国の農家・こせがれが作る農業実験レストラン 」で、東京に来た際に農家が集う、そして農家さんや農業と関わりたいお客様が集まるお店を目指したレストランです。働く方も「こせがれさん」。シェフは栃木の8代目農家の舘野氏です。
今回初めて行ってみて、とても居心地の良い空間であっという間に時間が経ちました。


引越して半年が経ちますが、どんどん広がっていく出会いやネットワーク。私の住む阿智、お隣の飯田市、そして名古屋、東京。「こせがれネットワーク」をフル活用して、自分をどんどん表現していこうと思います。
六本木でのマルシェジャポン出店も、早いうちに果たしてみたいです。東京は実家もあり、東京に帰ってくると両親や友人も喜んでくれるので。定期的に出店できるよう、計画を立てていきたいと思います。

第3部でお話しさせていただいた方々、誠にありがとうございました。新しい出会いに感謝しています。

こせがれ東海・中部も、いよいよ始動開始ですね!!ワクワクします。


REFARM(こせがれネットワーク)のブログはコチラをクリック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。