上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月21日(この前の日曜日)、私の住む長野県阿智村から車をかっ飛ばして1時間強。
「農家のこせがれネットワーク」設立発表会がようやく東海・中部地区にて開催されるということで、名古屋へ行ってきました。
(昨年の3月7日に東京で設立発表会が開催された後、関西⇒九州⇒中国地方⇒四国⇒北海道に次ぐ7番目の開催。)

私は東京生まれで、昨年の9月末に長野県阿智村にて新規就農したのですが、名古屋は大学時代の4年間を過ごした
思い出の場所。

今回は、阿智村役場勤務の方(年下ですが)を連れて参加してきました。

一言で言うならば、
「どえりゃー、盛り上がったがね!!」

ま、4年間名古屋人でしたが、このフレーズを発する生粋の名古屋人にはなりきれませんでした(^^)
「でら、盛り上がったなぁ。」とは、言ってたなぁ。

こせがれネットワークをご存知ない方のために簡単に説明すると、祖父・祖母・両親などは農業で生計を立てているが、そのせがれは実家を飛び出し都会で会社に勤めている。
家を出たものの、やっぱり親父の仕事ってものが気になる。でも、「今さら戻りたい。」とも相談できないし、そもそも会社内に相談できる同年代の仲間もいない。

そういったビジネスの経験を積んだ「こせがれ」が実家に戻って農業を継ぐことが、崩壊寸前の農業を立て直す大きなチカラになるのではないかという考えが発端の、とても面白いコミュニティです。
参加者も各都市とも多く、メディアの露出も頻繁で、社会を巻き込む大きなネットワークに成長中。

私の両親は音楽の雑誌の制作をしていて、農業とはまったく違う仕事をしているので、私は完全に新規就農者です。同年代の農業の仲間や、他業種の方との新しい出会いを求めて今回参加してきました。

日頃自分が考えている事は共通の問題なんだなと感じたり、そんな奇抜なアイデアもあるのかとワクワクしたり、本当に刺激を受けました。

今回決起集会が開催された場所は、名古屋大学。2次会の会場は、その名古屋大学の現役の学生達が経営している店で行われ、50人弱の方が出席し、これまた大盛り上がりでした。

40名ほどの方と名刺交換をさせていただき、来月にはまず飲み会。4月には東海・中部地区のプロジェクトが本格スタートする予定で、このスピード感がたまりません。
長期的ビジョンと、今の基礎体力(資金面、人、時間)を考えながら、「名古屋から面白いことを起こしてやろう!」と意気込んでいます。

東海・中部集会の開催までこぎつけてくれた方々に、大変感謝しています。「開催してくれたら良いなぁ。」と思っていた自分がちょっと恥ずかしくなりました。これから動き出す東海・中部地区プロジェクトに、参加し続けたいと思います。

そして、同じ農業に汗を流す仲間に出会えて、本当に嬉しかったです。埼玉県小川町で農業の研修をしていた時の、私のブログを見たことある方にも偶然出会いました。

また、農業以外の仕事をされている方との出会いもたくさんあり、今後の展開(広がり)がワクワクするようなお話しもいただけました。

なんだかみなさんと初めて会う感じがないぐらい、居心地の良い時間でした。

今回2月21日に行われたこの、「農家のこせがれネットワーク」設立発表会 in 東海・中部に、時間的な都合で参加できなかった方や、開催を知らなかった方、ブログを見て興味がわいてきた方。その方々をも巻き込んで、東海・中部の農・商・工業者、産業、消費者がワクワクすること、驚くようなことをやっていきたいですね。

2次会に参加されずに名刺交換できなかった方や、2次会で名刺交換できなかった方、よろしければこのブログの右側にある「メールフォーム」から連絡ください。よろしくお願い致します。

また来月、東海・中部のこせがれ仲間とお会いできることを楽しみにしています。

宮治さん、脇坂さん、東海・中部地区代表の鈴木さん、パネリストの加藤さん、河合さん、会場設営の方、運営の方、素晴らしい集会に参加させていただき、ありがとうございました。

来月の6日に開催される、「農家のこせがれネットワーク1周年 ☆大感謝祭☆」にも参加します。実家(東京都稲城市)から電車で参加するので、お酒も飲めるので楽しみです。
東海・中部地区から参加される方、直メールか、メールフォームから連絡いただけると嬉しいです。他の地区に住んでいる方との出会いも、とても楽しみです。


こせがれネットワークのブログ

REFARMのHP
スポンサーサイト
先日(2月18日)開催していただいた、「阿智村新規就農者激励会」。

昨日付けの南信州新聞の、一面に、しかも写真はカラーで掲載され、本当に驚きました。

逕サ蜒・1331_convert_20100221085952

新たな人との出会いなど、とても楽しみです。

地元の農業の諸先輩方。初心者同然の私ですが、勉強させて下さい。
よろしくお願い致します。


いよいよ1ヶ月を切った、ボブディラン来日ツアー。
ついに、19日の名古屋公演のチケットが送られてきました!!

逕サ蜒・1330_convert_20100221085710

いやはや、テンションが上がります!!


追加公演も決まりましたね。(即完売ですが...。)
3/11(木) Zepp Osaka 18:00 open/19:00 start
3/28(日) Zepp Tokyo 16:00 open/17:00 start 

これで今回の来日ライブハウスツアーは、
大阪  5公演(3月11、12、13、15、16日)
名古屋 2公演(3月18、19日)
東京  7公演(3月21、23、24、25、26、28、29日)

全14公演となりました。名古屋公演の前後(17日と20日)は、
移動の1日に使われるのでしょうか?さすがに名古屋追加公演は無いですよね~。

阿智から名古屋は1時間半も掛からずに行くことができるし、貴重な名古屋公演
(2公演のうちの1公演という意味)に行くことができるので、本当に楽しみです。


下伊那・上伊那・長野県から、名古屋公演に行かれる方、いらっしゃいますか?
種まきを開始しました。まだ2月ですが、種まきを進めています。

まだ2月ですが晴れた日の昼間のビニールハウス内は、軽く作業しているだけで汗が出てくるような温度にまで上昇します。そして夕方から温度がどんどん下がり続け、夜は外気温と変わらなくなります。
そこで「温床」というものを利用して、地温を上昇させて発芽適温を維持させる必要があります。

地温を上昇させるには踏み床温床(踏み込み温床)と呼ばれる、微生物が有機物を分解する時に出る熱(発酵熱)を利用した方法が昔から行われています。いずれはやってみたいですが、手間がとても掛かるのがネックであり、さらに米ぬかなどを利用して温床を作るため、ネズミの増殖を巻き起こして播いたばかりのウリ科の種を食べられたり、ガスが沸いて発芽しなかったりという問題もある。(自分の技術が足りないからという部分もあるが...。)

踏み床温床に使った土を、3年後ぐらいに育苗土(種まき用の土)として利用できるという大きなメリットはあるけれど、苗半生(なえはんしょう)と呼ばれるように苗作りがその後の生育・収穫においてとても重要なので、手間とコストなど生育におけるメリットをしっかりと検討する必要がある。今の自分にはまだそこまでの時間的余力と、技術が無いので、電熱温床マットを購入することにしました。

日本ノーデンの「農電園芸マット(品番3-417、三相200V・500W)」と、「農電電子サーモ(ND-820)」です。

製品情報はコチラ → 日本ノーデンHP

逕サ蜒・1291_convert_20100221071201

逕サ蜒・1286_convert_20100221071628

すでにあるビニールハウス内にある三相の加温設備(ボイラー)に、配線は接続するだけなので簡単に設置でき、電熱温床マットの下にホームセンターなどで売っている発泡スチロールを敷けば、さらに保温効果も増すようです。
(カインズホームで売っている、スタロイフォームという商品を購入しました。)

逕サ蜒・1283_convert_20100221071053

サーモとは希望の温度管理ができる便利な機器。例えば25℃に設定しておけば、25℃以下に地温が下がった時に、電熱マットが作動するという優れもの。但し、朝方からハウス内温度が上昇し、さらに種を播いたセルトレイはビニールで覆っているため、時間を見計らってビニールを開けて過剰に温度が上昇するのを防がなければいけません。

一日一日と芽が少しずつ動いているのを見るのは、すごく楽しい時間です。

昨日、「阿智村新規就農者激励会」を開催していただきました。

今年就農3年目の高坂さん、私の大学時代の部活仲間である小塚と奥さん、そして私の4人。

岡庭村長をはじめ、議員さん、役場の方、農業委員の方、農業改良普及センターの方、
営農支援センターの方など、とても多くの方々に祝福していただき、また初めてお会いする方々
からも応援の声を掛けていただき、一段と気合いが入りました。

逕サ蜒・1270_convert_20100219151606

この激励会が終わった後に写真を撮ったので、この写真のような人数ですが、
40人ほどの方に来ていただき、皆の前で話すのはなかなか緊張しました。

また、メディアの記者の方々にも来て頂き(信州日報、南信州新聞社、中日新聞の計3社)、
席の配置も記者会見のような感じだったので、私は普段はあまり緊張しない方なのですが、
さすがに結構緊張してしまいました。
汗は出るし、息苦しくなるし...。

花束までいただき、二次会にも参加させていただき、大変楽しかったです。

二次会の会場は座敷に座ったのですが、どうやら自分の靴で帰らずに、
お店のスリッパで帰ってきてしまったようです。
近々返しに伺います。すみません。

昨日は出席していただき、本当にありがとうございました。
早く一本立ちできるよう、頑張ります!!




阿智に来てから初めての種まき。
いよいよ始まりました。

今日は時間が無くて詳しく書けないですが、
電熱温床の設置と、ネギの種まきをしました。

近日中に詳しく更新します。

種まきは本当にワクワクする作業。芽が出た時の喜びと安心感。
収穫よりも好きな瞬間かもしれません。
「ひこにゃん」のようなゆるキャラは爆発的な人気を呼んでいますが、「○○戦隊●●ジャー」みたいなヒーローものも密かなブームのようです。(ローカルヒーローというジャンルでしょうか。)

私は幼いころからヒーローものアニメにはとても疎い(うとい)方なんですが、なんだか心がおどるというか、面白そうで会ってみたいなと思うヒーローがいるので紹介します。

阿智村のすぐお隣り、下條村は峰竜太さんの故郷。そして、「カッセイカマン」という興味深いネーミングのヒーローが活躍している村だそうです。カタカナ表記が正しいのですが、漢字で書くならば「活性化マン」。うん、名前を聞いただけで、数ヶ月は忘れないだろうなというインパクト

ダイコンレッド」、「オオグテブルー」、「コスモスピンク」と、それぞれ下條村のシンボル「親田辛味大根」、「おおぐて湖」、「秋桜(こすもす)=村花」から名付けられていて、地域の衰退をもたらす悪の組織「フキョウダー」を倒すという設定で作られたローカルヒーロー。

「フキョウダー」を漢字込みで表すならば「不況だー」ですから、この時点で私の笑いのツボというか、会ってみたいなという気持ちが沸々と湧いております。ヒーローにももちろん会いたいですが、この生みの親というか、作った方の話しを伺いたいです。

悪の組織とは、コヨーフアン、キンユーハタン、カカクハカイ、タンカサゲルダ、リストランダなどの怪人たち。
雇用不安・金融破綻・価格破壊・単価下げる(ダ)、リストラ(ンダ)。うん、このネーミングセンスも最高です。

カッセイカマンのオフィシャルホームページがあるので、ちょっと覗いてみてください。随所に面白さが散りばめられています。コチラをクリック

ダイコンレッドの職業は、辛味大根の栽培(年齢:30歳)
オオグテブルーの職業は、むら役場勤務 (年齢:29歳)
コスモスピンクの職業は、村内旅館勤務 (年齢:23歳)

これは本当のプロフィール?! ダイコンレッドの畑を見学しに行きたいです。(固定種、在来種の野菜が、現在たいへん注目されています。私の農園(阿智ファーム)でも、今年数種類栽培します。)

最後に、カッセイカマンのHPの、「カッセイカマンへの連絡先」をクリックすると、
件名欄に「カッセイカマン出動要請と出てきます。う~ん、芸が細かい!!

2010年、カッセイカマンに会いたいな。

出動要請しちゃおうかな~。
「ねばろぐ」。

阿智村から国道153号にて南下し、平谷村を抜けたところにある根羽村。
根羽村・平谷村・阿智村のおもしろ情報を紹介しているブログが、この「ねばろぐ」です。

ブログはいま多くの方が書いていますが、私は「日記を人に見せてどうするんだよ~!」とちょっと思いながら始めました。でも今では、ブログをやっていて良かったなぁと思うことがたくさんあります。

私は東京からいきなり阿智村に引っ越してきたので、とにかくこの場所はどんなところなのか知りたいなと思っています。そして、そこから広がる人との繋がりを、とても楽しみにしています。この「ねばろぐ」は、私にとってタイムリーな情報を得る、とても貴重なブログです。

2月10日「阿智村の農業」にて、私のこと(ブログの紹介も)を取り上げてくださいました。
コチラをクリック (ねばろぐ2月10日記事へ。)

あと「ねばろぐ」で知った、地域戦隊カッセイカマン。(カッセイカマンとは、漢字で書くとしたら「活性化マン」です。)
彼らは、下條村のヒーロー!!

地域戦隊カッセイカマン、一度見てみたいなぁ。

阿智村中央公民館で行われた「第43回阿智村社会教育研究集会」に、参加してきました。
朝一番の全体集会。ホールは満員近くの村民が集まりました。

逕サ蜒・1268_convert_20100214142026

阿智村内で暮らし続けていくため、子育て、健康、福祉、産業、文化、環境など、生活していく中で
身近な問題を分科会ごとに意見を交わし合うこの研究集会。
問題や課題を皆で共有し学習して、暮らしやすい村・豊かな村づくりをしていく場。

逕サ蜒・1269_convert_20100214152148

私は「地域と産業」という分科会に参加して、自己紹介や現在の状況を話させていただきました。
できる限り多くの催しや行事に出席して、少しずつ顔を認知してもらいたいと思っています。

時間の都合もあり、具体的な突っ込んだ議論にまではなりませんでしたが、
事例発表と意見交流があり、大変有意義な時間でした。
他の方の意見をどんどん聞いて、成長していきたいです。

阿智ファームとして、「基礎体力作り」をしっかり行っていきたいと思います。
阿智村に私が移住してくるにあたって、そして常日頃大変お世話になっている「阿智村定住支援センター」と、
「阿智村役場」を、リンクに追加しました。

来週の18日(木)には、新規就農激励会を役場にて開催していただくことになりました。とても楽しみです!

就農場所を探している方、一度阿智村へ見学に来てみてはいかがでしょうか。
「農家のこせがれネットワーク」って、ご存知ですか?

代々木公園で開催されている「アースデイ東京」や、日比谷公園で開催されている「土の祭典」での出店で知った、「こせがれ」という集団。

昨年3月7日に「農家のこせがれネットワーク」が設立され、今とても勢いのある農ネットワークです。

その設立発表会が、第7回目にしてようやく東海中部地区で開催されることになり、私はもちろん出席してきます。
(詳細など、貼らせていただきます。近隣の農家の方と出会えるのを、とても楽しみにしています。)

【目 的】
 ・東海地域内での農家とこせがれ同士、地域プロデューサーとのネットワークの構築

【開催概要】
日 程:2010年2月21日(日)
時 間:13:30~18:00
場 所:名古屋大学環境総合館・レクチャーホール(1F)
人 数:100名

※愛知・岐阜・三重・静岡・長野・滋賀の若手農家、地域プロデューサー、食や農業に関心の高い生活者など是非ご参加ください!!

※そのほかの地域の方も是非是非ご参加ください!

参加費:1000円

【内 容】
1)農家のこせがれネットワーク概要紹介
2)農家、こせがれたちのパネルディスカッション
3)グループワーク~東海地区の農業を盛り上げるためには

(第2部) 交流会(会費:4000円程度)

■申込期限:2月17日(水)


公式HP(REFARM)は、コチラ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「こせがれ」とは、一体なんだ??

人口増大、都市開発や砂漠化による農地の減少。
地球温暖化による収量の減少と異常気象による干ばつ。
穀物輸出大国も輸出をストップする現状。
これまでのように、お金で世界から食料を買い集められる時代は終焉を迎えつつある。

さらに日本国内では、担い手不足、耕作放棄地の拡大。

農業は6K産業(きつい・きたない・かっこ悪い・臭い・稼げない・結婚できない)で、
農業では飯が食えないから東京出て働けと親に聞かされた農家の「こせがれ」。

東京で働く農家のこせがれや就農希望者を育成し、農業へ戻すこと(RE turn FARM)、
耕作放棄地をよみがえらせること(RE use FARM)を目指したネットワークです。

実際にファーマーズマーケット、生産品の発売、カフェイベント、農家行きバスツアー、農学校の開催などを
実施していて、とにかくフットワークが軽く、スピード感がある集団です。

既存の仕組みを抜本的に見直し再設計(RE make FARM)することで日本農業を変革することを目指していて、
私はこのコンセプトに賛同しました。

農業系の支援センターの方や、役場の関係の方にも来て欲しいですね。阿智村はかなり柔軟で、先進的なことにもどんどんチャレンジしていこうというスタンスなのですが、頭の構造を壊す意味でも、今回の設立会はかなり面白いと思います。声を掛けてみようと思います。
めざましテレビを見ていたら、面白い話題を放送していたのでご紹介!

アメリカ合衆国のケーブルテレビ向けのニュース専門放送局CNN(Cable News Network)が選んだ、面白い東京の魅力50選。

東京に26年ほど住んでいましたが、知らないものもばかりで、今度帰省したときには行ってみたいなぁと思ってます。ユーモアに溢れています。

1. 世界一優れた鉄道システム
2. 一生訪れることのできない世界で一番美しい場所
3. ヨダレなしでは歩けないデパ地下
4. 映画「ブレイブハート」の戦闘シーンを彷彿とさせる横断歩道
5. 思わぬところに稲田が!
6. 若者ファッションのメッカ
7. パンク 浴場
8. 世界最多のミシュランご指名レストラン
9. オタクワンダーランド
10. 大都会から自然溢れる山まで電車で直行
11. 日本人の台所:世界一の魚市場
12. ちょっと変わった博物館
13. 野生の味を満喫
14. ビンテージおもちゃ勢揃い
15. 知性溢れる(?)公園
16. 還暦を超えたらここで買い物
17. 一年分の給料を一杯の酒で飲み干す方法
18. 世界一奇抜なエステ
19. 最高級のもてなし
20. 何度も訪れたくなるサービスエリア
21. ヌードル三昧
22. 一日中マンガにドップリ
23. コウモリも風情
24. 世界一短いエスカレーター
25. 高級ブランドの街:銀座
26. ほとんど SF 的な交通網
27. モッズファッション最後の砦
28. マウリッツ・エッシャーの図面を再現したようなへんてこアパート
29. 猫愛好家の聖地
30. ソムリエに任せれば、心配ご無用。
31. 橋が主役、レインボーブリッジ
32. マニアック度満天なアダルトビデオショップ
33. 極小高級レストラン
34. 世界一インパクトの小さな巨大怪獣像
35. 抱きしめたくなるカフェ
36. 1 平方メートルにひしめき合うバー
37. 高級天ぷら大作戦
38. 世界のファッションブランドの本拠地
39. 世界一安全な風俗街
40. お祭り三昧
41. 世界一のカスタマーサービス
42. 無限の酒の品揃え
43. 風水の温泉
44. 見てびっくり、スーパーかわいいマスコットキャラクター
45. ちゃんこ体験!
46. カクテルはまさに超新鮮
47. 美しさも出費も豪華な花火大会
48. アンチベジタリアンも満足できる精進料理
49. 洗練されたアートカフェ
50. 屋形船の魅力

詳しくは、CNNのHP (もちろん日本語です。)

ちなみに、バンコク、香港、ムンバイ、上海、シンガポールのバージョンも有ります。
種まきが始まり、なかなかブログが更新できずにいました。

阿智に引っ越して新規就農してから、この私のブログを見に来てくれる方(アクセス)が増えました。
「なにか更新しているのかな?」と、せっかく見に来ていただいた方がいらっしゃるので、できる限り更新をマメにできるようにしていきます。

私の農園「阿智ファーム」の名刺が、先日完成しました。
逕サ蜒・1265_convert_20100211070812

ビニールハウスから眺められる南アルプスの山々の画像を配置して、受け取っていただく方に阿智のイメージが少しでも伝わるようなデザインにしました。これから先に広がる、新しい人との出会い。ワクワクしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新規就農を目指している方、新規就農してから私と同じように間もない方、ぼんやりと農的な生活をしてみたいなぁと考えている方などが少しでも参考になれば良いかなと思い、「購入したもの」という新しいカテゴリーを作りました。

農業資材や、その周辺のものを。実際に私がどんなものを用意しているのか、アップしていこうと思います。

車の運転中などで電話を出られなかった時など、あとから携帯を見ると「どこから掛かってきたんだろう?」と、
思う時ありませんか?

登録していない固定電話からの着信が残っている時、掛け直さなくても調べられる便利なサイトを紹介します。

私の場合、農業の資材を近くの店舗やHPから依頼していたり、HP上からカタログを請求願いを出したりしていて、
登録していない電話番号から掛かってくることが新規就農(独立)してから増えました。

「無料電話案内」というサイトで、全国の企業やお店など、法人の電話番号を無料で検索することができます。

(ちなみに、個人宅の電話番号はもちろん調べることはできません。※個人情報保護のため)


無料電話案内サイトは、コチラ
今週末の2月6日(土)、あづみ野コンサートホール(長野県安曇野市穂高)にて、
「Early MUsic Solo Festival 2010」を開催します。

あづみのコンサートホール開館10周年を祝して、古楽の魅力を限定100席の贅沢な空間で
味わっていただこうと企画しました。

主催:アントレ編集部
共催:あづみ野コンサートホール
協賛:山村医院
後援:ベルギー王国大使館/安曇野市/信濃毎日新聞社/市民タイムス/松本平タウン情報
協力:ラ・プティット・ルプリーズ/ユーラシック/永田技研/アポロ社

4回のシリーズものでして、4人のトップアーティストがそれぞれに奏でるソロの調べを、
是非とも聴きにお越し下さい。

逕サ蜒・1001_convert_20100203124237

逕サ蜒・1002_convert_20100203124428

第4回目には兄(品川聖)が出演しますが、第1回、第2回、第3回とそうそうたる出演者の顔ぶれです。

【第1回】2月6日(土)15時開演 バロック・ヴァイオリン 寺神戸亮 「シャコンヌへの道」

【第2回】4月3日(土)15時開演 リコーダー 花岡和生 「笛の楽園」

【第3回】9月4日(土)15時開演 バロック・チェロ 鈴木秀美 「バッハの真髄」

【第4回11月7日(日)14時開演 ヴィオラ・ダ・ガンバ 品川聖 「残照アーベル」
(品川聖 ソロシリーズの一環)


チケットについては、以下の通りです。席は、全席自由です。

4公演のセット券:13500円

1回券:4000円(当日4500円) ※11月7日 品川聖の公演 3000円(当日3500円)

先日、信濃毎日新聞、市民タイムス、松本平タウン情報に今回の公演についての記事が掲載されました。
掲載されてから、チケットの件のお問い合わせをいただいております。売り切れることも考えられますので、予約していただくことをおすすめいたします。

【ご予約やお問い合わせは、
アントレ編集部(042-378ー7603)までご連絡下さいませ。】


私も2月6日当日、安曇野へ駆けつけます。農作業の時間をなんとか調整しながら、4回とも参加します。
一年の四季のうつろいを感じながら、演奏者からのエネルギーを自分の中に蓄えていきたいと思っています。



逕サ蜒・1005_convert_20100203124757



高速道路の無料実験が行われる路線が、予定通り本日発表された。
6月から無料化されるとのこと。

私にとって日常生活で利用する区間は、まったく無いですね~。両親が利用するであろう区間は、安房峠道路(750円)と、大月~須走間、あとは箱根新道あたりでしょうか...。

(カッコ内)が、無料になる区間。

【北海道】
道央(士別剣淵―岩見沢)
深川留萌(深川西―深川JCT)
道東(本別・足寄―占冠、夕張―千歳恵庭JCT)
日高(沼ノ端西―苫小牧東)

【東北】
青森(青森東―青森JCT)、八戸(下田百石・八戸―安代JCT)
秋田(八竜―秋田中央)、日本海東北(河辺JCT―岩城)、東北中央(横手―湯沢、東根―山形上山、南陽高畠―米沢北)、釜石(東和―花巻JCT)
山形(酒田みなと―湯殿山、月山―山形北)

【信越】
日本海東北(荒川胎内―新潟中央JCT)
安房峠(中ノ湯―平湯)

【関東】
東水戸(ひたちなか―水戸南)
八王子バイパス(打越―相原)
新湘南バイパス(藤沢―茅ヶ崎海岸)
西湘バイパス(西湘二宮―箱根口・石橋)
箱根新道(山崎―箱根峠)
中央(大月JCT―須走)
中部横断(双葉JCT―増穂)

【中部】
西富士(西富士―富士)
伊勢・紀勢(津―伊勢・紀勢大内山)

【近畿】
舞鶴若狭(小浜西―吉川JCT)
京都丹波(丹波―沓掛)

【中国】
松江・山陰(米子西―東出雲、松江玉造―出雲・三刀屋木次)
岡山(北房JCT―岡山JCT)
浜田・山陰(江津・浜田―千代田JCT)
広島呉(仁保―呉)

【四国】
松山(松山―大洲、大洲北只―西予宇和)
高知(高知―須崎東)

【九州】
八木山バイパス(穂波東―篠栗)
東九州(築城―椎田、宇佐―日出、大分米良―佐伯、延岡南―門川、西都―清武JCT、末吉財部―加治木)
大分(日出JCT―速見、大分―大分米良)
西九州(武雄JCT―佐世保中央)
長崎バイパス(古賀市布―川平)
南九州西回り(八代JCT―日奈久、市来―鹿児島西)
沖縄(許田―那覇)

首都高速と阪神高速を除いた高速道路全体の約18%、総延長1626km。

高速道路の段階的無料化実験は2010年度から3年間にわたって、その効果を検証するとのこと。

渋滞による物流への影響などを避けるため、「東京、名古屋、大阪の三大都市圏とそれを結ぶ路線」、「札幌、仙台、広島、福岡の各都市圏内の路線。また、これらの都市圏を相互に連絡する路線」、「対象外となった都市圏から他の県庁所在地を結ぶ路線」は除外されている。

無料化はトラックからバイクまで全車種を対象とする。ETC車載器を搭載しない現金利用車両も無料になるという。

料金システムの改修や現地の受け入れ態勢作りのため準備期間を必要とするため、社会実験実施スタート日は確定していない。そして、予算に限りがあるため無料化実験終了日は2011年3月末日を予定しているとのこと。

マニフェストでは段階的無料化を掲げていた民主党。ひとまず無料区間が一部決まったわけだが、これで公約を満たしたとは言えないのではないか。

子ども手当のようなバラマキ。子を育てる親のため、そして子どものためのお金だが、後世に借金を増やし続けているだけ。借金は返さなくて良いのだっけ??
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。