上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月21日(この前の日曜日)、私の住む長野県阿智村から車をかっ飛ばして1時間強。
「農家のこせがれネットワーク」設立発表会がようやく東海・中部地区にて開催されるということで、名古屋へ行ってきました。
(昨年の3月7日に東京で設立発表会が開催された後、関西⇒九州⇒中国地方⇒四国⇒北海道に次ぐ7番目の開催。)

私は東京生まれで、昨年の9月末に長野県阿智村にて新規就農したのですが、名古屋は大学時代の4年間を過ごした
思い出の場所。

今回は、阿智村役場勤務の方(年下ですが)を連れて参加してきました。

一言で言うならば、
「どえりゃー、盛り上がったがね!!」

ま、4年間名古屋人でしたが、このフレーズを発する生粋の名古屋人にはなりきれませんでした(^^)
「でら、盛り上がったなぁ。」とは、言ってたなぁ。

こせがれネットワークをご存知ない方のために簡単に説明すると、祖父・祖母・両親などは農業で生計を立てているが、そのせがれは実家を飛び出し都会で会社に勤めている。
家を出たものの、やっぱり親父の仕事ってものが気になる。でも、「今さら戻りたい。」とも相談できないし、そもそも会社内に相談できる同年代の仲間もいない。

そういったビジネスの経験を積んだ「こせがれ」が実家に戻って農業を継ぐことが、崩壊寸前の農業を立て直す大きなチカラになるのではないかという考えが発端の、とても面白いコミュニティです。
参加者も各都市とも多く、メディアの露出も頻繁で、社会を巻き込む大きなネットワークに成長中。

私の両親は音楽の雑誌の制作をしていて、農業とはまったく違う仕事をしているので、私は完全に新規就農者です。同年代の農業の仲間や、他業種の方との新しい出会いを求めて今回参加してきました。

日頃自分が考えている事は共通の問題なんだなと感じたり、そんな奇抜なアイデアもあるのかとワクワクしたり、本当に刺激を受けました。

今回決起集会が開催された場所は、名古屋大学。2次会の会場は、その名古屋大学の現役の学生達が経営している店で行われ、50人弱の方が出席し、これまた大盛り上がりでした。

40名ほどの方と名刺交換をさせていただき、来月にはまず飲み会。4月には東海・中部地区のプロジェクトが本格スタートする予定で、このスピード感がたまりません。
長期的ビジョンと、今の基礎体力(資金面、人、時間)を考えながら、「名古屋から面白いことを起こしてやろう!」と意気込んでいます。

東海・中部集会の開催までこぎつけてくれた方々に、大変感謝しています。「開催してくれたら良いなぁ。」と思っていた自分がちょっと恥ずかしくなりました。これから動き出す東海・中部地区プロジェクトに、参加し続けたいと思います。

そして、同じ農業に汗を流す仲間に出会えて、本当に嬉しかったです。埼玉県小川町で農業の研修をしていた時の、私のブログを見たことある方にも偶然出会いました。

また、農業以外の仕事をされている方との出会いもたくさんあり、今後の展開(広がり)がワクワクするようなお話しもいただけました。

なんだかみなさんと初めて会う感じがないぐらい、居心地の良い時間でした。

今回2月21日に行われたこの、「農家のこせがれネットワーク」設立発表会 in 東海・中部に、時間的な都合で参加できなかった方や、開催を知らなかった方、ブログを見て興味がわいてきた方。その方々をも巻き込んで、東海・中部の農・商・工業者、産業、消費者がワクワクすること、驚くようなことをやっていきたいですね。

2次会に参加されずに名刺交換できなかった方や、2次会で名刺交換できなかった方、よろしければこのブログの右側にある「メールフォーム」から連絡ください。よろしくお願い致します。

また来月、東海・中部のこせがれ仲間とお会いできることを楽しみにしています。

宮治さん、脇坂さん、東海・中部地区代表の鈴木さん、パネリストの加藤さん、河合さん、会場設営の方、運営の方、素晴らしい集会に参加させていただき、ありがとうございました。

来月の6日に開催される、「農家のこせがれネットワーク1周年 ☆大感謝祭☆」にも参加します。実家(東京都稲城市)から電車で参加するので、お酒も飲めるので楽しみです。
東海・中部地区から参加される方、直メールか、メールフォームから連絡いただけると嬉しいです。他の地区に住んでいる方との出会いも、とても楽しみです。


こせがれネットワークのブログ

REFARMのHP
スポンサーサイト
「農家のこせがれネットワーク」って、ご存知ですか?

代々木公園で開催されている「アースデイ東京」や、日比谷公園で開催されている「土の祭典」での出店で知った、「こせがれ」という集団。

昨年3月7日に「農家のこせがれネットワーク」が設立され、今とても勢いのある農ネットワークです。

その設立発表会が、第7回目にしてようやく東海中部地区で開催されることになり、私はもちろん出席してきます。
(詳細など、貼らせていただきます。近隣の農家の方と出会えるのを、とても楽しみにしています。)

【目 的】
 ・東海地域内での農家とこせがれ同士、地域プロデューサーとのネットワークの構築

【開催概要】
日 程:2010年2月21日(日)
時 間:13:30~18:00
場 所:名古屋大学環境総合館・レクチャーホール(1F)
人 数:100名

※愛知・岐阜・三重・静岡・長野・滋賀の若手農家、地域プロデューサー、食や農業に関心の高い生活者など是非ご参加ください!!

※そのほかの地域の方も是非是非ご参加ください!

参加費:1000円

【内 容】
1)農家のこせがれネットワーク概要紹介
2)農家、こせがれたちのパネルディスカッション
3)グループワーク~東海地区の農業を盛り上げるためには

(第2部) 交流会(会費:4000円程度)

■申込期限:2月17日(水)


公式HP(REFARM)は、コチラ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「こせがれ」とは、一体なんだ??

人口増大、都市開発や砂漠化による農地の減少。
地球温暖化による収量の減少と異常気象による干ばつ。
穀物輸出大国も輸出をストップする現状。
これまでのように、お金で世界から食料を買い集められる時代は終焉を迎えつつある。

さらに日本国内では、担い手不足、耕作放棄地の拡大。

農業は6K産業(きつい・きたない・かっこ悪い・臭い・稼げない・結婚できない)で、
農業では飯が食えないから東京出て働けと親に聞かされた農家の「こせがれ」。

東京で働く農家のこせがれや就農希望者を育成し、農業へ戻すこと(RE turn FARM)、
耕作放棄地をよみがえらせること(RE use FARM)を目指したネットワークです。

実際にファーマーズマーケット、生産品の発売、カフェイベント、農家行きバスツアー、農学校の開催などを
実施していて、とにかくフットワークが軽く、スピード感がある集団です。

既存の仕組みを抜本的に見直し再設計(RE make FARM)することで日本農業を変革することを目指していて、
私はこのコンセプトに賛同しました。

農業系の支援センターの方や、役場の関係の方にも来て欲しいですね。阿智村はかなり柔軟で、先進的なことにもどんどんチャレンジしていこうというスタンスなのですが、頭の構造を壊す意味でも、今回の設立会はかなり面白いと思います。声を掛けてみようと思います。
今週末の2月6日(土)、あづみ野コンサートホール(長野県安曇野市穂高)にて、
「Early MUsic Solo Festival 2010」を開催します。

あづみのコンサートホール開館10周年を祝して、古楽の魅力を限定100席の贅沢な空間で
味わっていただこうと企画しました。

主催:アントレ編集部
共催:あづみ野コンサートホール
協賛:山村医院
後援:ベルギー王国大使館/安曇野市/信濃毎日新聞社/市民タイムス/松本平タウン情報
協力:ラ・プティット・ルプリーズ/ユーラシック/永田技研/アポロ社

4回のシリーズものでして、4人のトップアーティストがそれぞれに奏でるソロの調べを、
是非とも聴きにお越し下さい。

逕サ蜒・1001_convert_20100203124237

逕サ蜒・1002_convert_20100203124428

第4回目には兄(品川聖)が出演しますが、第1回、第2回、第3回とそうそうたる出演者の顔ぶれです。

【第1回】2月6日(土)15時開演 バロック・ヴァイオリン 寺神戸亮 「シャコンヌへの道」

【第2回】4月3日(土)15時開演 リコーダー 花岡和生 「笛の楽園」

【第3回】9月4日(土)15時開演 バロック・チェロ 鈴木秀美 「バッハの真髄」

【第4回11月7日(日)14時開演 ヴィオラ・ダ・ガンバ 品川聖 「残照アーベル」
(品川聖 ソロシリーズの一環)


チケットについては、以下の通りです。席は、全席自由です。

4公演のセット券:13500円

1回券:4000円(当日4500円) ※11月7日 品川聖の公演 3000円(当日3500円)

先日、信濃毎日新聞、市民タイムス、松本平タウン情報に今回の公演についての記事が掲載されました。
掲載されてから、チケットの件のお問い合わせをいただいております。売り切れることも考えられますので、予約していただくことをおすすめいたします。

【ご予約やお問い合わせは、
アントレ編集部(042-378ー7603)までご連絡下さいませ。】


私も2月6日当日、安曇野へ駆けつけます。農作業の時間をなんとか調整しながら、4回とも参加します。
一年の四季のうつろいを感じながら、演奏者からのエネルギーを自分の中に蓄えていきたいと思っています。



逕サ蜒・1005_convert_20100203124757



農商工連携ってなんだ?はじめて聞く方も多いと思いますが、将来僕が独立して自分で作った農作物を、例えばジュースなどの加工品などにする場合、加工工場を自分で持つということは最初のスタートの段階ではできないので、加工業者に委託して製品を作ってもらうことになります。

このとき大きな力になるのは、昨年の7月21日に施行された「農商工連携促進法」という法律。
この法律を分かりやすく説明しているHPは、コチラ


その土地それぞれにある地域資源(農林水産物・産地の工業技術・観光資源など)を生かして、農商工それぞれが持つ技術やノウハウ、ビジネスを連携(コラボ)させて、新しい商品や新しいサービスを創出して地域を元気にさせていこうというものです。それぞれ結びつかなかった農林漁業者と中小企業者が手を結ぶことで、今までには無い新しい商品や、それぞれの経営向上や雇用・就業拡大を目指しています。

国がバックアップして、金融支援や税制支援をしてくださるので、是非認定事業登録を近い将来したく、今回「農商工等連携フォーラム in 千葉」に参加してきました。
農業視点での話しが多かったので、とても分かりやすく、地域・都市ともに日本が元気になるためにとても可能性のある法律だと感じました。昨年施行されて、第1次認定された事例は65つ。その中では、農作物と加工業者の「農工連携」がかなりの割合を占めていますが、事例の冊子に目を通してみると面白いアイデアがたくさんあります。宇都宮カクテルや、生乳×柿アイス、保育園給食×安全野菜、鯉の証明書発行システムなどなど。僕もアイデアを日々練っていこうと思います。

農商工のコラボなんて、今までずっと行ってきたことだ!!そんな意見もありますが、大事なことは「農林漁業者・商工業の中小企業者みんながオールウィンであることだ。」という講演を今回聞き、賛同しました。手を結び合ってもどちらにしかメリットがなければ、それは手を結んだとは言えず、良いものが生み出されることなんてないし、両者の関係の継続性も生まれません。そして最終的に、消費者にとっても待ち望んでいたものや今までにない新しいものを手に入れること、今まで通りの普遍的なものが無くならない安心感が得られ、それこそ皆が幸せである「オールウィン」の状況が生まれるのだと思います。

景気の悪い話しばかりじゃ、つまらない!国も、何もしていないわけじゃない。やるべきことは、日本国民皆が幸せになれる方法をそれぞれに考えることと、それにトライし続けること。なるようにしかならないという考えで生きていたら、何も変わらないし、そんな日本が嫌だから自分は自分という個の殻を厚くしていくという悪循環。

僕は、地域に社会貢献できる農業家になろうと決めています。現状受け入れ型ではなく、自分の手で未来創出型。生まれてきた以上、毎日楽しく生きていきたい。
長々難しいことを書いてしまいましたが、僕を知る大学の仲間がこのブログを読んだら、「あぁ、またアイツ難しいこと言ってるよ~(^^)」と思っているかな?! 応援のほど、どうぞよろしく!!


IMG_0330_convert_20090115161419.jpg
電車が好きなので、新宿で撮りました。

IMG_0333_convert_20090115163038.jpg
幕張メッセのすぐお隣。会場のコンベンションセンターも、幕張メッセの施設の一部のようです。

IMG_0346_convert_20090115163247.jpg
来場者多し。皆、この制度に、興味・関心・期待が高いのです。

IMG_0348_convert_20090115163932.jpg
今後もこの制度をもっと勉強して、将来実際に活用していきたいと思います。

幕張メッセといえば、フジロックフェスティバルと肩を並べるロックフェスティバル「サマーソニック」の会場。フジロックは新潟県の苗場で、4日間自然の中で音楽漬けになれる夢のような日。かたやサマーソニックは、電車で通うことができる都市型ロックフェスティバル。空調もあるし、砂浜のステージも最高だ!ロックフェスティバルのことは、また今度ブログに書こうと思います。千葉ロッテファンでもある僕は、マリンスタジアムにも来るので、今回の農商工フォーラムの会場「幕張メッセコンベンションセンター」に来るときも、通いなれた道って感じでした。

東京駅での中央線から京葉線への乗り換えの長さも、心地良く感じた!以上、レポでした~。
今週末に迫ってきました。IMGP4125_convert_20081112024222.jpg

僕ら久野農園スタッフ3人揃って、映画祭へ出陣です。
9時から21時まで、ドキュメンタリー映画三昧。
長丁場ですが、しっかり勉強して、様々なことを感じ取ってきます。

もしこのブログを見ていただいている方の中に、この「国際有機農業映画祭2008」に行かれる方がいらっしゃいましたら、是非メール下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。