上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
画像 148

画像 147

機能性食品としてイヌリンを多く含み、糖尿病に効能があるとされています。阿智村の振興作物として、大プッシュして栽培されている「菊芋」。収穫した菊芋を粉末状にし、菊芋麺(めん)として売り出しています。

私も昨年と同じ、1反歩ほどで栽培しています。背丈が2メートル50センチほどまで生長するので、自分の背よりも遥か高いです。今年は9月の頭に倒伏し始めてしまったので、芋の生長具合がちょっと心配ですが、昨年同様にたくさん収穫できるといいなぁと思ってます。

味噌漬けが最高に美味いんですよ~。
スポンサーサイト
キクイモを1反5畝ほど栽培する予定です。

谷あいにある4枚の田を利用して、「キクイモ」を栽培します。
3月に入って雨降りばかりですが、先日行った耕起の続きを作業しました。

逕サ蜒・2030_convert_20100325203752 耕起前

逕サ蜒・2022_convert_20100318023702 耕起後


初めて栽培する作物なので分からないことばかりなのですが、周りの農家さんも今年が1年目なので、
相談しながら良い方法を模索していきたいと思ってます。

逕サ蜒・2039_convert_20100325204425 愛車

明日はキクイモの種芋を引き取りに行ってきます。草の背丈が3メートルにも生長するそうで、
咲かせる花が綺麗だそうなのでとても楽しみです。獣害は大丈夫なのでしょうか?

そろそろ情報収集をスタートしていかねば!!


雪やら雨が良く降ったため、畑がぬかるんでいたのですが、ようやく乾いたのでトラクターで耕起しました。

阿智村は今年から、菊芋栽培にチカラを注いでいます。昨年初めて栽培したそうで、種イモを収穫し、その種イモが近日中に手元にやってきます。菊芋を粉末状にして、麺に練りこんで製品化するそうで、実際に昨年秋のお祭りで商品を試食してみたのですがとても食べやすく美味しかったです。

私の畑では今年、1反2畝ほどの面積で菊芋を栽培します。

逕サ蜒・2022_convert_20100318023702

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そもそも菊芋という植物の存在をまったく知らなかったので、少し調べてみました。

・原産は北アメリカ北部、北東部

・日本には江戸時代末期に飼料用作物として伝来

・第二次世界大戦中に加工用や食用として栽培されたものが野生化したものもある

・学名は、ヘリアンツス・ツベロスス(Heliantus tuberosus)
ヘリアンツスはギリシア語に由来する「太陽の花」、ツベロススは「塊茎状の」という意味

・インディアンが栽培し、食べていた植物です。トピナンブ族が食べていたので、
菊芋をヨーロッパでは「トピナンバー」と呼ぶ

・エドカー・ケイシーという人が20世紀初頭に、多くの糖尿病の人に食べさせて合併症から救ったという
伝えがある

・主成分は食物繊維と難消化性の多糖類イヌリンで、生の菊芋には13-20%のイヌリンが含まれる

・英名は、Jerusalem artichoke、girasole

・キク科ヒマワリ属の多年草

・別名は、アメリカいも、ぶたいも(ぶたいもとは、すごい名前ですね。)

・草丈1.5m~3m(とても大きいですね。)

・9~10月に、菊あるいはヒマワリに似た黄色い花が咲く

・10月末に地中に塊茎(イモ)を作る

・茎や葉に小さな刺がある

・太陽さえあれば乾燥していても構わない(強靭な植物で、繁殖力が強い)

・霜が降りるころまでに、芋が大きくなる

・霜が降りて地上部が枯れたら、芋を掘り起こす

・芋は乾燥しやすいので、必要な分だけ掘り起こすと良い

・3月末までが、菊芋の食べ時(その後は、芽が出ないように冷蔵庫で保存)


【食べ方】

・塊茎を食用とし、牛乳煮、バター焼き、フライ、スープ、味噌漬け、煮物などに利用

・健康食品として、顆粒やお茶、麺として加工され市販されている

・飼料のほか、果糖の原料にもされる


【菊芋は低カロリー食品】

菊芋     35 kcal(100g)
サツマイモ  132 kcal(100g)
ごぼう    65 kcal(100g)
たまねぎ   37 kcal(100g)


【ミネラル(100g中のミネラル含有量)】

カリウム  2.1㎎
ナトリウム  20㎎
マグネシウム  199㎎
カルシウム  140㎎
リン  330㎎
鉄  2.4㎎
マンガン  2.8㎎
銅  0.4㎎
亜鉛  10.1㎎
セレン  0.993㎎

(亜鉛とセレンが多いことが菊芋の特徴です)


【菊芋に含まれる栄養】

・イヌリン(「天然のインシュリン」と、呼ばれている)
・ポリフェノール(サポニンなど抗酸化物質の総称で、活性酸素の害を防ぐ大切な働き有り。)
・ミネラル

・ビタミン:βカロチン、サイアミン(B1)、リボフラビン(B2)、ナイアシン(ニコチン酸)、ビオチン(H)、アスコルビン酸(C)

・酵 素: イヌリラーゼ、プティナーゼ、インベルターゼ、ホスホリラーゼ、フェノラーゼ

・その他:コリン、ベタイン、サポニン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。