上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飯田駅近くにあるレストラン「Natural Kitchen TESSHIN」が、先日1周年を迎えました。

農作業が立て込んでいて更新が遅くなってしまったのですが、もちろん私も1周年パーティーに行ってきました。パーティーは(3月14日)18時からのスタートだったのですが、私は仕事が終わらず19時に着きました。

店内に入ると心地よい熱気に満ちていて、あちこちで笑顔が溢れていました。
あとでお聞きしたところ、120名強の方が集まられたとのこと。

初めてお会いする方にも話しかけやすい雰囲気で、新しい出会いもありました。
TESSHINの雰囲気が大好きな人々と、その人々をもてなすが料理人やサービスのプロが集うと、あんなにも素敵な雰囲気のパーティーになるのですね。

参加者が景品を持ち寄っての「ビンゴ大会」もあったりして、私は兄(品川聖)のCDとラディッシュの種の詰め合わせを提供させていただきました。受け取られた方に喜んでいただけたら嬉しいです。

逕サ蜒・2019_convert_20100324120506

パーティー途中には、「sabakan(サバカン)」の生ライブも行われて、西アフリカの伝統的なリズムに乗って、心地良い空気を楽しむことができました。一緒に手を叩いたり、歌ったり、輪になって踊ったり。

逕サ蜒・2021_convert_20100324120537

私がTESSHINに出会えたのは、「ゆうき人」という飯田にある生産者グループのおかげであって、
今年に入ってから多くの人々と出会うことができて、近い将来を想像すると本当にワクワクしてきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Filare(TESSHINを含むグループ)が、現在「スタッフ募集」をされているそうです。
詳しくはコチラ

まだ私はTESSHINのランチタイムにしか行ったことがありませんが、他のお店もとても居心地の良い雰囲気なんだろうと思います。きっと温かい雰囲気の方からの応募があるのでしょうね(^^)




スポンサーサイト
terra君が阿智に遊びに来てくれたので、TESSHINにランチを食べに行った次の日には、阿智から車で15分ほどの天竜川沿いに昨年の11月23日にOPENした「かぶちゃん食堂」(HPはコチラ)に、ランチビュッフェを食べに行ってきました。

かぶちゃん農園といえば、地域ブランドに認定された「市田柿(いちだがき)」に付加価値をつけて販売している企業。和菓子のように一つ一つ市田柿が包装された箱詰めや、「ひとくち干し柿」という甘栗むいちゃいましたみたいな感覚で食べられる商品(県内や、関東、東海、近畿のコンビニやスーパーなどで購入可能)を生産・販売しています。

そのため、このランチビュッフェには市田柿を使ったカレーやキムチ、さらに天ぷらまでありました。

逕サ蜒・1846_convert_20100312034231

150席という広々とした店内で、好きな料理を好きなだけ取る。ついつい食べ過ぎてしまいましたが、料理の種類も多くデザートまでしっかりあるので、なかなかオススメです。

逕サ蜒・1847_convert_20100312034302

開店が11:00で、ラストオーダーが14:00です。14:30まで営業しています。HPには掲載されていませんが、制限時間は1時間だそうです。ちなみに年中無休だそうです。
南信州産の野菜や肉などの食材をふんだんに使ったお店。店内に自然の光が入り込み、
落ち着いた雰囲気で食事をすることができる素敵なお店をご紹介します。

Natural Kitchen TESSHIN (ナチュラルキッチンテッシン)です。

飯田駅を下車し、駅前からまっすぐのびる中央通りを進み、「中央通り1・2」という交差点を右折。
飯田のシンボル「りんご並木(HPはコチラ)」を100メートルほど歩くと、右側にお店があります。

逕サ蜒・1788_convert_20100309014706

先日、「ゆうき人(びと)」という、南信州の生産者が地域の農業や有機農業について学んだり、消費者と交流したりするグループの集まりに初めて参加させていただき、ゆうき人の野菜を食べることができるNatural Kitchen TESSHINのことを知りました。

逕サ蜒・1787_convert_20100309014347

滋賀県から遊びに来てくれたterra君と一緒に、さっそくランチを食べに行ってきました。

飲む有機野菜
有機野菜サラダバー
ドリンク二杯(私は辛口のジンジャーエールと、ホットコーヒーを注文。)
自家製パン又はライス
4種のメインから1種

逕サ蜒・1785_convert_20100309014238

メインを何にするのかさんざん迷ったあげく、阿智黒毛和牛を使ったハヤシライスをチョイスしました。とろける肉の柔らかさと旨み、最高に美味しかったです。
ゆうき人のサラダバーもそれぞれ生産者名が書かれ、自分の作った野菜が並ぶことを想像しただけでワクワクしますし、頑張って美味い野菜を作っていこうと気合いが入りました。

ちなみにこれだけのボリュームで、なんと1200円です!!
11:30から14:30までに店内に入れば、このランチを食べることができます。

農家としてスタートを切ったばかりの私にとって、地元である飯田・下伊那で自分が作った野菜を食べていただくことはとても重要なことです。シェフの方やお客様に直接お会いすることができ、自分の畑にも気軽に来ていただくことができる距離感。

名古屋や東京方面から私の畑に遊びに来る友人。是非とも連れていきたいお店に出会い、とても嬉しいです。メインの料理もすべて味わってみたい。次回は、今週の13日に行きます。「ゆうき人のポトフ」を注文したいと思っています。


【Shop Data】
席数
店内:56席(パーティー 着席65名様 立席80名様迄)

営業時間
Lunch:11:30 OPEN ,14:30 CLOSED
Dinner:17:30 OPEN ,22:00 CLOSED

住所
長野県飯田市本町2-1 サンクチュアリビル1F

TEL
0265-48-0150

フィラーレグループのHP

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

阿智ファームは、「人が集まる農園つくり」を目指しています。野菜を売る買うという関係だけではなく、どのような花を咲かせ実をつけるかなど、野菜の生長を実際に見に来て欲しいと思っています。種まきをしたい方がいらっしゃいましたら、いつでも歓迎です。

市民農園などを借りて野菜作りはしてみたいけど、仕事があるから無理だという方。お子さんに土との触れ合いをさせたいお父さんお母さん方。どうぞメールフォームから連絡を下さい。

一緒に種まきをしましょう。時間が空いたときに生長の様子を見に来て、収穫できるようになったらまたフラ~と遊びに来る。そのような「人との繫がり」を持ちたいと思っています。

飯田・下伊那にお住まいの方はもちろん、名古屋、東京などにお住まいの方からのご連絡も大歓迎です。

また、「私も農家になりたい!!」という方、就農を目指して研修中(勉強中)の方、実際に農地や家を探している方、困っていることや相談したいことがある方。私自身はまだ独立してから半年しか経っていないですが、連絡いただければお役に立てることが少しでもあるかもしれません。



安心野菜、地産地消などを売りにしたレストラン、街中でたくさん見掛けますよね。昨日は休みだったので実家に帰って、兄とランチへ行ってきました~。
京王線聖蹟桜ヶ丘駅の駅ビル「京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターB館8階」にある、「野の葡萄」に行ってきました。

IMG_0484_convert_20090131023313.jpg


野の葡萄は、好きな野菜・料理を好きなだけ食べられる「ビュッフェ形式」のレストランです。ビュッフェとは、和製英語でいうバイキングのこと。食べ放題のことです(^^)。

久野農園が所属している小川町有機農業生産グループは、野の葡萄の「イオンモール川口キャラ店」と「アリオ亀有店」に野菜を出荷しています。
僕らが出荷している野菜が、お客さんの口にどのように提供されているか、どのような美味しい料理に姿をかえているか、僕はとても興味があります。そして何より、たらふく食べたい!!川口と亀有は実家(稲城)から少し遠いので、次の機会に行くことにして、聖蹟桜ヶ丘店へ行ってきました。

たらふく食べてきました~。ランチは90分1600円。ディナーは120分1600円です。お近くにお住まいの方は是非どうぞ!!

食べることは、毎日必ずすること。おいしいものを思う存分食べたい、食べることを楽しみたい。義務的ではなく。兄と楽しくしゃべりながら、新たなエネルギーを蓄えてきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。