上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
え~と、更新を再開したばかりですが、書きたいなぁと思うことはたくさんあるんです。

肩慣らしがてら、消防団の話しを・・・。

昨年(2011年)の9月21日【この記事へのリンク】、消防団の新入団員とかコミュニティーとかのことをちょっと書いたのですが、今年の春にとても嬉しいことがありました。

私が所属している阿智村消防団第4分団は今年、4名の新入団員を新しい仲間として迎えることができました。
常に若い世代を新入団員として迎えていかなければ、所属している団員数は絶対に少なくなってしまうわけで、4名の仲間が第4分団に入ってくれたことは本当に嬉しいことです。

いまの時期(5月初旬~6月下旬)は操法の練習があることから、入団して早々、新入団員も消防のウェイトがどうしても多くなってしまいます。でも、彼らに「楽しいな!!」、「入団して良かったなぁ!!」と思ってもらえるような環境作り、雰囲気を出せるよう、自分にできることは率先して動こうと思います。

今年の村団大会は6月24日(日)。早いもので、あと1週間。梅雨入りした感じですが、晴れて欲しいな。



スポンサーサイト
リスタートしては更新が途絶えて、タイミングを失って更新せずだったけど、またふとしたきっかけで再開する~の繰り返しですが、畑の状態もfacebookと並行してアップしていこうと決めました。

阿智村で新規就農をスタートして、早いもので2年8ヶ月が経ちました。その後、新しく阿智村伍和で有機農業を営む仲間もやってきました。平飼い養鶏を営む仲間もやってきました。

現在進行形で阿智村伍和にやって来ようとしている方もいらっしゃいます。

個々にいろいろな問題や課題があると思いますが、せっかく出会うことができた「仲間」なのだから、楽しくやっていけたらなぁと心から思います。


私の兄である品川 聖(ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者)が、コンサートをさせていただいている「ハウスゾンネンシャイン音楽堂」をご紹介します。

Rudolf Steiner Schule Fuji, International(ルドルフシュタイナ- シューレ富士 インターナショナル)という、シュタイナー学校に併設されている音楽堂(ホール)です。 静岡県富士市にあります。

私はまだ訪れたことがないのですが、来年の2月と5月に兄のコンサートが予定されているので、是非その機会に行きたいと思っています。


ハウスゾンネンシャイン音楽堂:オフィシャルホームページ

Rudolf Steiner Schule Fuji, International:HP

ハウスゾンネンシャイン音楽堂:ブログ

この私のブログにも、リンク貼らせていただきました。

今週の日曜日(12月11日)の14時から阿智村中央公民館ホールにて行う、兄(品川聖)とハープ奏者の彩愛玲さんとのデュオ・コンサートの演奏曲目(プログラム)が確定しましたので発表します。

主よ、人の望みの喜びよ  J.S. バッハ

愛につつまれて  A. ギャニオン

亜麻色の髪の乙女  C. ドビュッシー

夜の歌  C. サルツェード

たわむれ  M. マレ

人間の声  M. マレ

アメージング・グレイス  不詳

鳥の歌  カタロニア民謡

ホワイト・クリスマス  I. バーリン

きよしこの夜  F.X. グルーバー

イマジン  ジョン・レノン

秋月夜  彩 愛玲

望春風  台湾民謡

涙そうそう  BEGIN

おひさま~大切なあなたへ  渡辺 俊幸

アヴェ・マリア  J.S. バッハ / C. グノー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「ハープとヴィオラ・ダ・ガンバで奏でるクリスマス音楽」という副題の通り、クリスマスキャロルも演奏しますし、年代・国など幅広い選曲でお楽しみいただけるプログラムとなっております。

撥弦楽器(はつげんがっき)と、擦弦楽器(さつげんがっき)それぞれ異なる音の特徴が、一つとなって奏でられる音世界。

チケット価格もたくさんの方に聴きに来ていただきたいと思い、安めに設定いたしました。
(ペア2000円、大人1500円、学生700円)
当日券も価格は同じで、当日券販売受付にてチケットを販売いたします。

また、開場時間は13時30分です。ステージから近くの席の方が音も良く、演奏している姿もご覧いただきやすいため、是非ともお早めにお席を確保されることをオススメします。
3月11日に起こった大震災。テレビを通して伝えられる信じられない状況や景色。

自分にできること、農家としてできることが何かないだろうか。
そんなモンモンとした気持ちでいた時に、阿智村での有機農業の先生的存在である市川さんの呼びかけのもと、動き出した「支援米プロジェクト」。

ついに昨日、稲刈りをしました。

中日新聞社と信州日報社の記者の方が取材に来てくれて、今朝の中日新聞にさっそく記事が掲載されました。web版のURLを貼り付けておきますので、是非ご覧下さい。

「支援のコメ被災地に 阿智で若手農業者ら稲刈り作業」2011年10月27日掲載
コチラをクリック

中日新聞の紙面は、長野総合版(19面)に掲載されています。

11月末に私も直接宮城へ行って、支援米や野菜などの物資を手渡ししてきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。